チュ・ジフン、現所属事務所キーイーストと再契約を結ぶ

俳優チュ・ジフンが現所属事務所キーイーストと再契約した。

14日、キーイーストは「チュ・ジフンが、これまで6年間共にしてきたキーイーストと再契約を締結した」と発表した。

チュ・ジフンは映画「阿修羅(アスラ」や現在撮影中の映画「神と共に」など今年1年間活動を行ってきた。契約満了後の今後のチュ・ジフンの選択に業界の関心が集まっていたが、最終的に継続してキーイーストと共に活動していくことを決定した。

チュ・ジフン再契約のニュースにネットユーザーからは、「トップクラスの義理男」とのコメントが続いた。

キーイーストは、「長い時間を共にしたチュ・ジフンの変わらない信頼と義理に感謝を伝える。今後も双方の成長のために意見を尊重しながら、強固なパートナーとしてチュ・ジフンをしっかりとサポートしていく」と明らかにした。

チュ・ジフンは2017年に公開予定の映画「神と共に」でハ・ジョンウ、チャ・テヒョン、キム・ヒャンギ、マ・ドンソク、キム・ドンウクなど韓国最高の俳優たちと共演する。
「神と共に」は、チュ・ホミン作家のWeb漫画を原作にしており、主人公の死後49日間、裁判を受ける過程を描いていく。全2部作として制作され、第1部と第2部を同時に撮影し、韓国で来年から順次公開される予定だ。

ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません