「TAXI」SUPER JUNIORヒチョル、私生ファンの苦労エピソード語る!「私生ファンはファンではない」

「TAXI」SUPER JUNIORヒチョル&BUZZミン・ギョンフン

写真:tvN「現場トークショーTAXI」

tvNのトークバラエティ番組「現場トークショーTAXI」(以下、TAXI)でSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のヒチョルとBUZZ(バズ)のミン・ギョンフンが私生ファン(サセンペン、芸能人の私生活まで追いかける悪質なファンたちのことを意味する)のために苦労したエピソードを語った。

22日に韓国で放送された「TAXI」でデュエット曲「ナビジャム」を発表したヒチョル、ミン・ギョンフンがゲストとして出演し、トークを繰り広げた。

番組でMCは、ヒチョルに「私生ファンで苦労したと聞いた」と話を振った。これに対してヒチョルは、「私は私生ファンに『ファン』という字をつけない。サセンは、ファンではない」ときっぱりと語った。続いてヒチョルは、「私は最近もトイレに入る時、ドアを閉めて用をたしている。トラウマがある。以前にファンがトイレのドアを突然開いたことがあった。鳥肌がたった」と述べた。

またヒチョルは、「家にもこっそり乗り込んできた」とも明らかにした。
これにミン・ギョンフンも、「私も両親と住んでいる家の服のある部屋に知らない誰かが寝ていて驚いたことがある。家の外で震えているファンを両親が連れてきた」と話し、驚きを誘った。




ページ上部へ戻る