SUPER JUNIORカンイン、飲酒運転と事故後逃走した疑いで検察に送致!

SUPER JUNIORカンイン人気アイドルグループSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバー、カンインが道路交通法上飲酒運転の疑いと事故後に現場を離れた疑いで検察に送致された。

カンインは、先月24日午前2時頃、酒を飲んだ後、江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)のコンビニの前の街灯に突っ込み破壊させる事故を起こした。その後カンインは、事故現場を離れ、逃走した疑いをかけられている。カンインは同日午後、警察の調査を通じて飲酒運転の事実を認めた。

陳情によるとカンインは、前日の午後8時から11時までの3時間、あるレストランで知人2人と一緒に焼酎3本を分けて飲んだと供述、カンインは会話を交わしながら1時間ほど席にとどまり、近くの他の酒席に移動した。ここでは、お酒は飲まずに2時間以上座っていたが、その後飲酒運転をしたことが明らかになった。

事故当時、カンインの血中アルコール濃度は、ウィドマーク(Widmark) 法計算式を適用したところ、血中アルコール濃度が免許取り消しレベルの0.157%であったと発表されている。

カンインは、2009年10月に飲酒運転をしてひき逃げ事故を起こしており、現在、すべての芸能活動を自粛している状態だ。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません