SUPER JUNIORカンインが飲酒運転で事故、血中アルコール濃度は免停レベル以上!

SUPER JUNIORカンイン

写真:SUPER JUNIOR(スーパージュニア)カンインのSNS

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバー、カンインが飲酒運転で交通事故を起こした。

ソウル・江南(カンナム)警察署は、24日午前2時頃、カンインが運転する乗用車が江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)のコンビニ前の街灯に突っ込む事故を起こした経緯を調査中だと発表した。

カンインは、この日深夜、コンビニの前に車を駐車し、2時間後、再び車に乗って出発してから事故を起こした。警察の飲酒測定の結果、カンインの血中アルコール濃度は免許停止レベル(0.05%)以上であったと伝えられた。

警察は当初、街灯が壊れたというコンビニエンスストアの通報を受けて出動したが、現場にいた目撃者の陳述などをもとにカンインが乗った車が事故を起こしたという事実を把握した。当時、カンインは事故を起こしてから現場を離れたと伝えられた。

カンインはこの日、警察に出頭して調査を受け、「何かとぶつかった記憶はあるが、街灯だとは知らなかった」と語ったという。

警察関係者は、「カンインのアルコール血中濃度は、測定値よりも上であるとみられ、飲酒については調査中」とし、「事故を起こして逃走したかどうかについても捜査中だ」とコメントした。

カンインは2009年にも飲酒運転をして事故を起こしたことがある。当時、カンインはタクシー2台に追突しながらもその場を離れて逃走したとして物議を醸した。芸能活動を自粛したカンインはその後兵役義務のため軍に入隊し、除隊後本格的なグループ活動に復帰した。
飲酒運転には心底懲りて反省しているはずのカンインの再びの飲酒運転事故に、一部ファンからは「裏切られた気がする」「どうして・・・!」「反省していなかったのか?」「こんなことがあるなら2010年の時点で事務所が運転免許は没収すべきだった」など非難の声も上がっている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません