映画「哭声」、公開11日目で観客動員数400万人突破!!500万人突破も目前!!

映画「哭声」
映画「哭声」(監督:ナ・ホンジン)が累積観客動員数468万人を超えた。

24日、映画振興委員会統合ネットワークの集計結果によると、「哭声」は23日に14万939人の観客を動員し、デイリーボックスオフィス1位になった。

今月12日に公開された「哭声」の累積観客動員数は、累計で468万1583人になったことになる。「哭声」は、前夜公開を含め4日目で100万人を突破、5日目にして200万人を、そして8日目には300万人を突破、さらに11日目に400万人突破で5月の歴代公開作品の中で最高の興行速度を記録し、大きな注目を集めている。

「哭声」は、村に外部から人が入ってきてから始まった謎の連続事件で、噂や実体が分からない事件に直面した人々の物語を描いた作品。クァク・ドウォン、チョン・ウヒ、ファン・ジョンミン、国村準などが出演した。第69回カンヌ国際映画祭にも招待されている。

「哭声」に続き、ユン・ヨジョン、キム・ゴウン主演映画「ケチュン御婆」が同日2万4,778人の観客を動員してボックスオフィス2位となった。 「ケチュン御婆」は、12年の過去を隠したまま家に戻ってきた怪しい孫娘ヘジと娘バカのケチュン御婆の話を描いた映画。続く3位は「Sing Street」、4位は「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」となった。

この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る