超新星・ユナクが江守徹と『マクベス』舞台挨拶に登壇!「自分が女性だったらいいな」にユナク大照れ !取材レポート

マクベス (3)シェイクスピア没後400年の2016年に贈る、今年最大の衝撃作の『マクベス』が5月13日(金)公開初日を迎え、シェイクスピア4大悲劇全てに出演の俳優、江守徹と日本版テーマソングを歌う超新星・ユナクがお台場シネマメディアージュで舞台挨拶を行った。

上映後、先にシェイクスピアの4大悲劇の全てに出演し、マクベス役も演じた江守徹が舞台に立ち、シェイクスピア作品や演技について語った。
シェイクスピア作品は難しいのでは?と聞かれた江守は「それは先入観。400年イギリスとは離れた東洋の国の日本でもシェイクスピアが描いた人たちは隣にいる人のように書かれているのが魅力」「翻訳によって全然違ったものになる作品。日本人の俳優として生まれたので、日本人の作った役を演じたいと思うのが理想。今後も機会があれば演じたい。」と自らの俳優論を語った。

日本版『マクベス』のテーマソング『Eternal Star~君のために~』を歌うのは超新星のユナク。レコーディング風景が流れるとファンの声援を浴びながらユナクが登壇。

作品を3回見たというユナクは「映像美や役者の演技力が凄い。戦闘シーンも凄いが、強い将軍が魔女の甘いくどきに騙されて、精神的に変わっていく流れが見えるのが凄いと思う。」「途中にひとすじの涙を流すシーンがありえない。凄くてそのシーンを何回も見ました!」と絶賛。テーマソングを歌うことが決まった感想に「凄く嬉しい。日本のテレビCMで僕の声が流れてて光栄です」レコーディングは「普通1回で終わるのですが3回やりました。歌詞をもらって、もっと頑張ろうと思ってもう1回、悲しいことを考えてもう1回、まだ足りないと思ってもう1回やりました。」「アーティストとしては満足という単語は使えませんが、いい曲に出来上がったと思う。」とレコーディングにも力が入ったことを明かし、曲が今日から配信されていることを初めて聞いたのユナクは「僕も今日ダウンロードします!」と照れながら語った。

ユナク1

江守徹とは今日初めて会うというユナクは印象を聞かれると「名古屋に留学もしていて名前は知っていたので、お会い出来て光栄です。初めて挨拶をしたとき、オーラと存在感があって、今も緊張しています。」と緊張気味に答えると、江守はユナクの印象について「実に爽やかで、自分が女性だったらいいなと思ってます」と言われて大照れのユナク。

12月から舞台『プリシア』を控えているというユナクは「アダムというドラッククイーンの役で、舞台で女性っぽい役は初めてなので…」と演技の大先輩である江守にアドバイスを求めると「演技というのは自分を観客にさらけ出すこと。心を正直に思うままに演じればいいと思う」と力強いアドバイスをもらい「分かりました!」とキレよく返事。

最後に「『マクベス』は僕も大好きな作品。飽きないし素晴らしくて、がっかりさせないので愛してください。SNSで“超いい作品だよ”とつぶやいてください。6月29日にソロアルバム(10曲入り)が発売されます。去年6月から準備して、ファンのみなさんの気持ちになってプロデュースして満足する曲にしようと頑張ったので1曲1曲大事に聴いてほしいと思います。」とファンにメッセージを送った。

マクベス (1)

マクベス (5)

ユナク2

ユナク3ユナク6ユナク5取材日:2016年5月13日(金)

『マクベス』ストーリー

舞台は中世スコットランド。有能で慈悲深いダンカン王に仕える将軍・マクベスは、反乱軍との激しい戦闘の末、勝利を収める。その岐路、謎めいた魔女が現れ、“マクベスは領主になり、そして王になるだろう”という不可解な予言を囁く。謎めいた予言を残し霧のように消えた魔女にとまどうマクベスたちの元に、王の使いが到着する。なんとコーダーの領主が死亡し、マクベスが領主となるよう勅命が下ったのだ。魔女の囁きによって、忠誠心とは裏腹に王座への野望という炎を心に灯してしまったマクベスを、言葉巧みにマクベス夫人が夫の良心を消し去ろうと画策する。そんな時、ダンカン王がマクベスの城に宿泊する日がやってくる!マクベス夫婦の野心が、人間の奥底に潜む魔性のごとき“狂気”をむき出しにしていき、やがて彼ら2人の運命は大きく狂いだす・・・。

監督:ジャスティン・カーゼル
原作:ウィリアム・シェイクスピア
出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、エリザベス・デビッキ、ショーン・ハリス
配給:吉本興業  提供:アイアトン・エンタテインメント
作品情報:2015年/イギリス/上映時間:1時間53分/レーティング:PG-12
©STUDIOCANAL S.A / CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2015
公式サイト:http//macbeth-movie.jp
5月13日(金)TOHO シネマズシャンテ他全国ロードショー 絶賛上映中!
ページ上部へ戻る