WINNER、堂々の大トリで会場を熱狂!「第22回 東京ガールズコレクション 2016 SPRING/SUMMER」開催!取材レポート

winner0712
2016年3月19日(土)国立代々木競技場第一体育館にて「第22回東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER」が開催され延べ31200人が来場し大盛況で幕を閉じた。韓国からのアーティストにBIGBANGに続く第2のボーイズグループ”WINNER”(ウィナー)がイベントの大トリとして出演しパワフルなパフォーマンスで会場を熱狂させた。

今回のイベントでは、テーマである”PARTY”を軸に、ファッションはもちろん、音楽やバラエティに富んだ演出で今季最大の“GIRLS PARTY”を展開。イベント開始とともに登場したのは、緊急出演となった三代目J Soul Brothersの登坂広臣。ステージに登場するや否や会場は大きな悲鳴が沸き、男性史上初となるトップバッターとしてランウェイを華麗に歩いた。ショーのモデルとしてのトップを飾った奈々緒をはじめ、香里奈、藤田ニコルや水原希子などの人気モデル100名以上がイベントに華を添えた。

また、結婚を発表し幸せオーラ全開のDAIGOがゲストとして登場。おなじみのウィッシュポーズを決め、気分を聞かれると「H・O・T」「そのままホットです」と答え、「M・D・B・B」「マジで DAIGO ビックリ ビックリ」とDAI語で気分を語った。
他に“永遠の16歳”松本伊代が乃木坂46のメンバーと自身の代表曲「センチメンタルジャーニー」を披露し、オリエンタルラジオ率いるダンス&ヴォーカルユニット「RADIO FISH」が、今、話題沸騰の『PERFECT HUMAN』で会場を熱狂。世界的マジシャン、セロのファッションとマジックのコラボステージでは、BOXの中からシークレットゲストの板野友美が登場し観客を驚かせた。

ライブのアーティストには、「きゃりーぱみゅぱみゅ」や「AAA」「アレクサンドラ・スタン」などが個性あふれるライブパフォーマンスを見せるなか、最後の大トリとして注目を浴びたのは韓国からBIGBANGに続く第2のボーイズグループ”WINNER”。会場の大歓声を受けながら登場し『LOVE IS A LIE』を披露。「みなさん、こんばんはWINNERです!」と元気よく挨拶した。

スンユン「WINNERのリーダー、スンユンです。みなさんと一緒に盛り上がっていきたいと思いますので最後までよろしくお願いします。」

スンフン「こんばんは、WINNERのスンフンです。こんなに素敵なステージに呼んでいただきありがとうございます。今日、最後まで盛り上がってくれますか?」

ミンホ「始めましてWINNERのミンホです。今日僕たちWINNERのことを覚えてもらえるように頑張ります。よろしくお願いします。」

テヒョン「はじめまして、僕はWINNERのテヒョンです。僕もファッションに沢山興味があるので、ガールズコレクションが楽しみでした。みなさん最後まで一緒に遊びましょう!」

ジヌ「こんばんはWINNERのジヌです。今日のイベントが本当に楽しみで昨日は眠れないくらいでした。みなさん一緒に盛り上がりましょう!」

「6月から3度目の全国ツアーが始まります。ぜひ家族とか友達とか彼氏の手を取って、遊びに来て下さい。じゃ、次の曲は僕たちWINNERの新曲です。それでは聞いてくださいSENTIMENTAL(センチメンタル)です」とリーダーのスンユンが紹介し、韓国で大ヒット中の新曲『SENTIMENTAL』と、最後に『JUST ANOTHER BOY』では会場を一体に盛り上げ熱狂させた。

winner2806

winner2811

winner7995

winner0735

winner0769

winner0782

winner0790

winner0798

winner0799

winner2783

winner2788

winner2790

winner2792

winner2795

winner2798

winner2800

途中、機材トラブルで音が途切れる場面もあったが、それに動じず堂々としたステージパフォーマンスを見せ、大観衆に強い印象を与えたWINNER。6時間半に及ぶイベントの大トリを見事に飾り、今後の日本での活躍が大きく注目される。

ONO_2078

ONO_2081

ONO_2094

KAT_1757

KAT_1760

KAT_1766

KAT_1770

KAT_1775

KAT_1777

KAT_1794

KAT_1797

エンディング

ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません