BIGBANG、オバマ大統領と共に米「2016 TIME100」オンライン投票にノミネート!

BIGBANG

写真:BIGBANG G-DRAGON(ジードラゴン)のSNS

BIGBANG(ビックバン)が米国・時事週刊誌「TIME」の「2016年世界で最も影響力のある100人」(以下、「2016 TIME100」)のオンライン投票で4位になった。

TIMEは、今月23日(現地時間)、「2016 TIME100」のオンライン投票候補にオバマ米大統領、習近平中国国家主席、米国民主党の大統領予備選挙の候補サンダース上院議員など政治家や、レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー、リオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドなど芸能やスポーツのスターなど、合計127人を発表し、現在投票を行っている。

「2016 TIME100」のオンライン投票候補には、韓国人としてBIGBANG(ビッグバン)と2NE1(トゥエニーワン)のCL(シエル)が名前を連ねた。

TIMEは、BIGBANG(ビッグバン)がオンライン投票候補に選ばれたことについて、「世界で最も影響力のあるボーイズグループであり、米国でも大型公演を全席ソールドアウトにするほどの熱狂的なファン層を持っている」と伝え、またCL(シエル)については、「『Doctor Pepper』や『Hello Bitches』のようなソロ曲で、韓国4人組ガールズグループのメンバーとしてファッションショーのフロント席に招待されるほどに成長した歌手」と評価した。

「2016 TIME100」のオンライン投票は、米国現地時間で4月10日まで行われ、投票結果は、4月14日に発表される。正式な「2016 TIME100」に選ばれた100人は、4月21日に公開される予定だ。

ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません