KARAほか「LAVIE presents MTV ZUSHI FES 15 supported by RIVIERA」アーティスト達の豪華競演​!

8月7日より3日間にわたって神奈川・リビエラ逗子マリーナ特設会場にて開催する「LAVIE presents MTV ZUSHI FES 15 supported by RIVIERA」が開催された。

SPiCYSOL
今年のMTV ZUSHI FESをキックオフしたのは、“Surf Beat Music”というジャンルを掲げる5ピースバンド、SPiCYSOL。朝一にPalm Tree Stageの前に集まった音楽ファンの前に登場し、爽快なサマーチューンを演奏した。

ライブは気持ちの良い青空にぴったりな「AWAKE」からスタート。「Around the World」では、パームツリーがプリントされたアロハシャツが似合うフロントマンのKENNYがオーディエンスにハンドクラップをあおった。

ラストに披露したのは「PABUK」。KENNYのボーカルとPETEのトランペットが気持ち良く響き渡り、観客はタオルを回して彼らに応える。初日のオープニングアクトとして、完璧にステージを温めてくれた。

Da-iCE
2年連続でMTV ZUSHI FES出演となった、“顔面偏差値75”のキャッチフレーズも話題のダンス&ボーカルグループ、Da-iCE。5人の登場に、たくさんの女性ファンから黄色い声援が上がった。

真夏の暑さをものともせず、躍動感あふれるライブパフォーマンスを繰り広げた彼らは、「FIGHT BACK」でたちまちオーディエンスの心をつかむ。雄大のアーシーボイスと想太のハイトーンボイスは、真夏の逗子に爽やかな空気を漂わせた。

彼らにとって初のバラード「もう一度だけ」とミッドテンポの「BILLION DREAMS」でしっとりと聴かせた後は、8月12日リリースのニューシングル「エビバディ」を披露。夏にぴったりの新曲に会場はたちまち熱狂に包まれた。

きゃりーぱみゅぱみゅ
きゃりーぱみゅぱみゅ

「ぱみゅぱみゅレボリューション」と共に6人のピンクのコスチュームに身を包んだガールズダンサーが現れると、たちまちPalm Tree Stageはきゃりーワールドに。続いて大きな丸いサングラスをかけたきゃりーぱみゅぱみゅが登場し、会場は大きな歓声に包まれた。

「インベーダーインベーダー」からスタートしたきゃりーのセットは、大人から小さな子どもまで誰もが満面の笑顔。「もんだいガール」ではきゃりーが阿波踊りを取り入れた振付を伝授し、オーディエンスも一緒になって楽しんでいた。

「暑さに負けず盛り上がっていますか?」と呼びかけたきゃりーは、「音楽が大好きなのでお客さんとして来たいくらい」とコメント。「CANDY CANDY」や、赤ちゃんまで忍者ポーズをきめていた「にんじゃりばんばん」、「PON PON PON」とヒット曲を次々と披露し、最後は「ファッションモンスターで」ロックに締めくくった。

Block B
続いて登場したのは、英語のBlockbuster(=大旋風を巻き起こすもの)にその名を由来する韓国出身の男性7人組ユニット、Block B。Palm Tree Stageの前列で待ち構えた女性ファンたちの大歓声の中、それぞれが個性的なファッションで登場した。

のっけから「Very Good」と「HER」のJapanese Versionで日本の音楽ファンを魅了した彼ら。「すごく暑いですね~、みんな大丈夫ですか?」など、終始オーディエンスと積極的に日本語でコミュニケーションを図っていた。

バラード「ロマンチックに」では、テイルのスーパー“高音”ボイスが飛び出し、「NolinA」(※Original Title: NalinA)では息の合ったスタイリッシュなパフォーマンスを披露。ラストの「品行ZERO」までエナジー満載のとびきり楽しい時間を提供してくれた。

HAN-KUN
HAN-KUNが登場すると、続々とオーディエンスが流れ込んだPalm Tree Stage。MTV ZUSHI FES出演は実に6回目となる。ステージ前は、たちまちタオルを手にしたファンで埋め尽くされた。

2人の女性バックシンガーを従え、「この時間で最高の思い出作ろう」と曲から曲へとテンポよく矢継ぎ早に繰り広げたHAN-KUN。「Reggae man」ではオーディエンスと完璧なコール&レスポンスを行い、会場をひとつにした。

「ZUSHI FESの俺の役割は誰よりも打ち上げること」との言葉通り、「ハンパねぇ」ではヘッドバンギングまであおり、最後は夏らしい新曲「SUN DANCER」を熱唱。平和のメッセージをオーディエンスに届け、ステージを後にした。

ナオト・インティライミ
ナオト・インティライミ
「日出ずる国のオマットゥリ男」ことナオト・インティライミは、ステージに登場するやいなやフロアにボールを蹴り込むサプライズ。「1曲目からみんなに参加してほしいんだ!」と「ナイタッテ」からスタートした。

本人いわく、冒頭から「ツアーファイナルみたい」な盛り上がり。MCでは『アナと雪の女王』の曲を口ずさんだりして、親子連れも多い会場を笑わせた。既にTEEやHAN-KUNのライブを楽しんだといい、MTV ZUSHI FESをすっかり満喫している様子だ。

続いて、デビュー5周年を記念してリリースされたベストアルバム『THE BEST!』収録曲を、ギターを手にメドレーで披露。最後は4人のダンサーと一緒に「The World is ours!」と「カーニバる?」で最高潮に盛り上げ、「ZUSHI FES最高!」と笑顔を見せた。

KARA
KARA:
今年のMTV ZUSHI FES初日のヘッドライナーは、お隣韓国からやってきた4人組、KARA。ミニスカートにクロップトップ姿のメンバーが登場すると、男性ファンからも大きな声援が飛び交った。夕暮れ時のPalm Tree Stageには、心地良い海風が。

5月発売の「サマージック」からスタートした4人は、2010年に続き2度目のMTV ZUSHI FES出演。「こんなに暑い季節に皆さんと海の近くで会えてうれしいです」と挨拶し、続いてこちらも夏にぴったりな「GO GO SUMMER」を披露した。

「ジェットコースターラブ」「マンマミーア」など、ヒット曲満載のステージに、完コピしたダンスで盛り上がるファンの姿も。「最後まで一緒に踊って、歌ってね!」と披露したのは大ヒット曲「ミスター」。最高にキュートな4人の笑顔で初日が終了した。

TEMPURA KIDZ ZUSHI FESを特徴づけるプールサイドのLagoon Stage。灼熱という言葉以外思いつかないような炎天下の昼下がり、トップバッターとして登場したのはTEMPURA KIDZ。 「さくらさくら」~「CIDER CIDER」~「すいみん不足」メドレーに乗せて登場した5人は、おそろいのキッチュな和装。極彩色が夏の日差しに映える。 オーディエンスとのコール&レスポンスで徐々に盛り上げながら、クールなラップがかっこいい「ミイラキラー」、8月5日にリリースされたばかりの新曲「LOLLiPOP」をドロップ。 メンバー紹介を経て、ウクレレをフィーチャーした常夏バージョンの「CIDER CIDER」、EDM音頭ともいうべき「はっぴぃ夏祭り」、そして最後は槇原敬之のナイスカバー「どんなときも。」で締め。 まだまだヒートアップしそうな初日のLagoon Stage、その始まりを高らかに告げた。 Rihwa Rihwaは涼しげな白のワンピースで現れた。バックにピアノを配し、アコースティックギターを手に「EVERYTIME」をスタート。さわやかなレゲエのリズムが印象的だ。 「こんなに景色がきれいなところで歌えてうれしい」「みんなの楽しんでいる姿が見られて素敵なステージだなと思います」 初めてのZUSHI FESのステージで初々しい感想を語る姿にプールから「かわいい~」と声が飛ぶ。 アップテンポな「TO: Summer」で盛り上げたあと、最後は「春風」を披露。テレビドラマの主題歌として知られる同曲はオーディエンスもよく知るところ。心を込めて歌い上げる姿にうっとりと見入っていた。 TEE 「はじまるぞぉ! TEEターイム!」のかけ声とともにステージに現れたTEE。しかし一筋縄ではいかない。客の盛り上がりに不満な彼はDJのバックスピンを合図にオープニングのやり直しを要求。自ら映像の逆回転を模して舞台裏に消える爆笑パフォーマンスでツカミはOK。 「3度のメシより君が好き」「極上のスリルディーラー」と盛り上がりチューンでオーディエンスを沸かせる。 ここで一点まじめムードに。「ベイビー・アイラブユー」のヒットから5年、ラブソングを歌いすぎたため、ラブソングを歌うことも書くことも嫌になってしまったという過去を吐露。しかしもう一度向き合おうと心に決め、5年ぶりにラブソングの新作ができたことを伝える。 披露されたのは「5年後のアイラブユー」。成長した彼の心情が汲み取れる新曲にオーディエンスも聴き入っていた。 そして最後はお待ちかねの「ベイビー・アイラブユー」。新曲とのコントラストも楽しめる、味わい深いエンディングを演出してくれた。

Beat Buddy Boi 日の傾いてきたLagoon Stageに8人組の男たちが登場。ZUSHI FES初登場となるBeat Buddy Boiだ。 「EDM」~「ROCK THE HOUSE」でキレキレのダンスを披露し、一気に視線を釘付けにする。 1人1人の自己紹介に続き、ヒューマンビートボックスをバックにコール&レスポンスを開始。Beat Buddy Boiのコール&レスポンスは「難易度が高いことで知られている」という言葉どおり、トリッキーなリズムの応酬。しかしオーディエンスは見事についていき、盛り上がりはひときわ上昇。 ラストはm-floの同名曲をサンプリングした「come again」。ド派手なビートで、プールの中はダンス天国と化した。 SPICY CHOCOLATE 初日のLagoon Stage、ラストはSPICY CHOCOLATE。DJ CONTROLERがMCとともに登場し、三木道三や湘南乃風のキラーチューンを投入。夕暮れのムーディーなプールサイドを彩る。 中盤、ゲストを呼んでいることを告げ、聴き覚えのあるイントロをプレイ。それが「ずっと」のフレーズであることを察したオーディエンスが盛り上がる。 まず現れたのはTEE。そして歌い出すが……音を止め「何かが足りない」と一言。ご想像どおりHAN-KUNが続いて登場! 場内の盛り上がりは最高潮に。 3人がそろったところで「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」「ずっとマイラブ feat. HAN-KUN & TEE」をパフォーマンス。豪華な共演でLagoon Stageの1日を締めくくった。

TJO ZUSHI FESもう1つのお楽しみ、SUNSET POOL PARTYは夕闇迫る18:30きっかりにスタート。初日の一番手はTJO。 SUNSET POOL PARTYのレギュラーDJといっても過言ではないほど例年がっちり場をロックしてくれる彼。今年もマイクパフォーマンスを交え、上げまくりでスタート。 強烈なEDMのビートが響けば、水しぶきで応えるのがSUNSET POOL PARTYの作法。和モノを適宜混ぜ込みながらオーディエンスをコントロール。ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」では大合唱が起こっていた。 中田ヤスタカ(CAPSULE) 二番手に登場したのは中田ヤスタカ。TJOからの流れを引き継いでEDMから入っていきながら、要所で自身のプロデュース作品を投入するあたりはさすがの演出。 きゃりーぱみゅぱみゅ「にんじゃりばんばん」では自らハンドクラップするサービスぶり。その姿はなかなかキュート! Perfumeの出世作「チョコレイト・ディスコ」も中田自身が繰り出すと特別な響き。プールの中は水しぶきの嵐が発生していた。 終盤には超アップテンポの「ファッションモンスター」をドロップ。容赦ないデジタルビート攻撃にオーディエンスも大盛り上がりで応えていた。

ページ上部へ戻る