チャン・グンソクと Big Brother のユニット TEAM H 全力で駆け抜けたアリーナツアー 大阪ファイナル公演!

チャン・グンソクTEAM-H3

韓国の俳優、チャン・グンソクとサウンドプロデューサーBig Brother による音楽ユニット 『TEAM H』が、10/1 の名古屋を皮切り にスタートしたアリーナツアー『TEAM H PARTY~Raining on the dance floor~』のファイナル公演を 11月26、27 日の2日間、 大阪城ホールにて開催。大盛況のうちにフィナーレを迎えた。

7月にリリースした通算3枚目のアルバム『Driving to the highway』をひっさげ、10月1日の名古屋を皮切りに福岡、さいたま、 大阪と全国4都市で合計7万2000人を動員した今回のアリーナツアーも遂にこの日が最終公演ということで、ファンの期待も いつも以上に高く、開演前から会場は外の寒さを感じさせない熱気に包まれていた。

チャン・グンソクTEAM-H4

キレのあるギターサウンドが会場に鳴り始めると共に、観客の視線は一気にセンターステージへ。 Big Brother が操るエレクトリックサウンドに会場が盛り上がる中、チャン・グンソクが花道から登場すると、会場のボルテージは さらにヒートアップ。ペンライトの光とレーザー照明で演出された会場は、巨大なクラブと化し、1曲目「Do it on the speaker」から、 ステージの上の2人の勢いも MAX。「大阪、ジャンプ!!」と観客をさら煽ると、会場はさらに熱狂の渦へ。

チャン・グンソクTEAM-H5

10曲をノンストップで駆け抜けた後は TEAM H ツアーの代名詞(?)ともなった、楽屋中継コーナー。 ファイナルとなる今回はスタッフを巻き込んでのゲームや、観客も交えてのトークといったこれまでの公演とは趣向を変えグンソク一人ではなく Big Brother も加わり、ファンから募集した質問に答えるなど息のあった楽屋トークを繰り広げた。そこでグ ンソクは今回のツアーが無事終了することに対して「ウナギ(ファン)からの応援がなければこのステージも行うことができなか ったと思います。みなさん、ほ~んとうにありがとう!!」とファンへ感謝の気持ちを照れながらも正直に伝えた。またステージに戻 っての MC では「演出、日本のスタッフ、技術の方と、会議を何回もして、舞台の構成や演出を考え、すっごく疲れたけど、この 会場を見ていると本当に感動をもらいます。そして、それ以上にTEAM Hの公演を作るにあたっていっつも一番喧嘩しなければ ならないのは・・・(Big Brotherを指す)、音楽ではアイツを信じられるから、全部お任せしていました。Big Brother 、そしてみんな、 カムサハムニダ~(ありがとうございます)。1曲1曲歌い終わるごとに寂しい気持ちになるけど、本当に忘れられない瞬間にな るだろう」とさらに胸のうちをさらけ出した。

チャン・グンソクTEAM-H

ツアーのサブタイトルにもなっている「Raining on the dance floor」では、アイランドステージに立ったグンソクによって自在に操ら れるように噴き出す水を全身に浴びながら歌うグンソクの姿に会場中が息をのんだ。公演が終盤にさしかかると、アコースティ ックアレンジされた「Driving to the highway」を披露。サビの部分では観客が一緒に振付けと大合唱し、会場全体が一体となり 温かな空気に包まれた。ラストの「Take me」では色とりどりの風船が会場を埋め尽くし、幸せな“PARTY”の最後を鮮やかに飾 った。アンコールでは、公演が終わるのを惜しむようにステージを全力で駆け回り、何度何度も観客に「カムサハムニダ~(あり がとうございます)」と叫びながら、最後まで全力で走り抜けた TEAM H のアリーナツアーは大盛況のうちに幕を閉じた。

チャン・グンソクTEAM-H2

さらにライブ中、ファンには聞き逃せない重大ニュースの発表も。「新しい作品で、俳優として戻ってくる」、「2月にチャン・グンソクのソロアルバムを出す予定」だということがグンソク本人の口から発表され、ファンからは大きな歓声があがった。
TEAM H としてのツアーを成功させたチャン・グンソク。 ユニット結成から5年という月日を経て、ひと回り成長した姿にこれからのソロ活動にもさらなる期待が寄せられる。




ページ上部へ戻る