映画「ファッション王」でソルリ大変身!「全校1位の成績の為に美しさを捨てた役・・・」

f(x)ソルリの写真ソルリが映画「ファッション王」(監督オ・ギファン)で大変身を遂げた。

今月4日、映画「ファッション王」の配給会社NEWは、ソルリが普段の愛らしい美貌の姿から「ファッション王」で演じる全校1位の「クァク・ウンジン」役に大変身したイメージカットを公開した。

写真の中のソルリは、普段はその美しさを誇っているが、それとは対極のボサボサ頭で他人の視線などまったく気にかけることもない大きなメガネをかけた「ウンジン」の姿を見せている。ドラマや舞台の上で華やかでラブリーな様子で観客を魅了してきたソルリの映画での活躍ぶりに期待が集まっている。

ソルリは、「『ファッション王』でウンジン役を演じ、新しい挑戦をすることが出来て楽しかった。全校1位の成績の為に美しさを捨てた役だが、ウンジンの内面にある美しい姿を表現するために努力した」と自信の演じた役についてコメントした。

同作のオ・ギファン監督は、「20代の女優の中でクァク・ウンジンのキャラクターを最も完璧にこなすことが出来る女優を探していた。子役時代から培ってきた高い演技力を持つ女優ソルリは、愛らしさと暖かさを持ったウンジンのキャラクターを表現することができる最高の女優だった」と褒め称えた。

映画「ファッション王」は、ファッションに目覚め、世界で最もクールな男になることを決心した高校生ウ・ギミョン(チュウォン)の物語を描く。11月6日に韓国で封切りされた。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません