「ネイルもカンタービレ」パク・ボゴム、高い演技力にチェロの実力、人気急上昇中!!

パク・ボゴムの写真「ネイルもカンタービレ」に出演中のパク・ボゴムがイケメン風の容貌と優れたチェロの実力で女性視聴者の視線をひきつけた。

今月3日に韓国で放送されたKBSの月・火ドラマ「ネイルもカンタービレ」第7話で、天才チェリスト、イ・ユンフ(パク・ボゴム役)がチャ・ユジン(チュウォン役)の代わりにSオーケストラを指揮する姿が描かれた。

パク・ボゴムは、ジュリアード音楽院卒という優れた学歴と天才チェリストと呼ばれる実力の持ち主であるイ・ユンフ役を熱演中だ。

ドラマでチャ・ユジン(チュウォン役)は、Sオーケストラの解体を防ぐために仕方なくシュトレーゼマン(ペク・ユンシク役)の指揮に合わせて、Aオーケストラと共演を行った。この過程でイ・ユンフは、Sオーケストラの団員を幅広く理解した優れたリーダーシップを発揮し、シュトレーゼマンとチャ・ユジンの視線をも釘付けにした。シュトレーゼマンは、チャ・ユジンに誰かを魅了させることを知るべきだと指摘すると同時に、イ・ユンフのリーダーシップを賞賛し、隣にいたチャ・ユジンを緊張させた。

「ネイルもカンタービレ」でイ・ユンフ役で熱演中のパク・ボゴムが、イ・ユンフの魅力を一層引き出し、優れた演技力で視聴者の心を大きく捕らえた瞬間でもあった。

パク・ボゴムの「ネイルもカンタービレ」の熱演にネットユーザーは、「パク・ボゴム、本当に演技がうまい」、「パク・ボゴム、チェロの実力が半端ないね」、「本当にソル・ネイル(シム・ウンギョン役)がうらやましい」などの反応を見せた。




ページ上部へ戻る