少女時代スヨン、ドラマ「私の人生の春の日」放送終了の直筆メッセージを公開!「特別に暖かくて眩しかった2ヶ月・・・」

少女時代スヨンの写真少女時代のメンバー、スヨンが直筆の手紙で、MBCドラマ「私の人生の春の日」の放送終了の感想を明らかにした。

スヨンは31日未明、自身のInstagramを通して、「『私の人生の春の日』を愛してくださった皆さんとてもありがとうございます。おかげで私の人生の中で特別に暖かくて眩しかった2ヶ月でした」と直筆の手紙とともに、撮影現場でカム・ウソン、イ・ジェドン監督らと撮影した写真を掲載した。

スヨンは、「こんにちは。『私の人生の春の日』のイ・ボム、スヨンです。最終回の放送を見たあと、もう本当に終わってしまったと口にした後、整理をしようとしてみても、いざ…この時間が来ると、あまりにも惜しくさびしいです」と放送が終了してしまった寂しさを表した。

続いて、スヨンは、「私たちのドラマは、現場の雰囲気も、監督の繊細な演出も、まるで一針一針を入念に完成された手工芸作品を作るような感じでした。このようなすばらしい仕事で最高の俳優、カム・ウソン先輩と一緒に参加することができて、私にはあまりにも幸せなボム(※「春」という意味)の日でした」と作品に対する満足感を表わした。

また、「視聴者の皆さんも、毎年この季節に『私の人生の春の日』を思い出していただければ、その中でボムやドンハさんは、とても幸せだと思います。暑い夏が過ぎて秋が来るまで一緒にボムと共に過ごしたスタッフの皆さんとてもお疲れ様でした。イ・ジェドン監督、パク・ジスク作家一生忘れられない作品を作ってくださって、ありがとうございます。最後に、視聴者の皆さんに心から感謝いたします。いつも幸せです」という感謝のメッセージで終わりを結んだ。

スヨンのメッセージにネットユーザーは、「『私の人生の春の日』、本当に意外なドラマだった​」、「放送終了、私もとても残念!」、「スヨンの演技、見直した」といった様々な反応を見せている。

ドラマ「私の人生の春の日」は、30日、第16話を最後に放送が終了した。

写真:少女時代スヨンのInstagram

少女時代関連商品を見てみる!


ページ上部へ戻る