EXO(エクソ)脱退のクリス、イタリアでの近況が伝えられるが表記にブーイングの声も

クリスの写真人気グループEXO(エクソ)を脱退した渦中の人物クリスの近況が公開された。

今月21日、世界的に有名なデザイナーのマルセロ・ブルロンが自身のInstagramにクリスと一緒に撮った写真を公開した。マルセロ・ブルロンは、クリエイティブ・ディレクター、DJなど多方面で活動しているデザイナーだ。マルセロ・ブルロンは、クリスがブランド本社を訪問したというメッセージと共に「KrisExo」と書き込んだ。

写真の中のクリスは、腕組みをした同じポーズでブルロンと並んで写ったり、窓際でポーズを取ってカメラを見つめたりしている。ブルロンのコメントによると、クリスはイタリア・ミラノを訪問していたという。

しかし、マルセロ・ブルロンが、「KrisExo(クリスエキソ)」と、クリスの名前の後ろに「Exo」と表記したことにEXOのファンからはブーイングの声も。「この人は、EXOのクリスじゃなくて、ウー・イーファン(クリスの本名)です!」「EXOという看板を使わないでほしい」など、不快感を示すファンもいた。

クリスは、5月15日、所属事務所であるSMエンターテイメントを相手に専属契約効力の不存在確認訴訟を起こした後、EXOを離脱し、現在は個人として活動をしている。


ページ上部へ戻る