映画『怪しい彼女』のシム・ウンギョン来日!堀ちえみ&マキタスポーツとトークイベント開催!取材レポート!

シム・ウンギョン集合写真
5月14日(水)TOKYO FMホールにて、映画『怪しい彼女』に来日した主演のシム・ウンギョンが、堀ちえみ、マキタスポーツとともにトークイベントを開催。その様子をレポートします!

韓国で860万人以上を動員、先日開催された沖縄国際映画祭にて観客賞【Peace部門】海人賞グランプリを受賞し、早くも “アヤカノ”旋風を巻き起こしている映画『怪しい彼女』。熱演ぶりが大絶賛されている主演のシム・ウンギョンと、スクリーンデビューしたB1A4のジニョンやドラマで活躍中の俳優のイ・ジヌク、さらにドラマ『太陽を抱く月』で日本でも大人気となったキム・スヒョンがカメオ出演するなど、今もっとも話題の映画となっている。

7月11日(金)からの公開に先立ち、主演のシム・ウンギョンがプロモーションのために来日。5月14日(水)TOKYO FMホールにて、ゲストに80年代にアイドルとして活躍した堀ちえみと、映画『サニー 永遠の仲間たち』の時からのシム・ウンギョンのファンであるマキタスポーツをMCに迎えて、トークイベントが開催された。
イベントでは主役を演じたシム・ウギョンの演技力や劇中披露される本人の歌声を大絶賛!本作の魅力や、70歳のおばあさんが突然20歳に戻り、人気歌手になっていくという映画のストーリーにちなみ、自身の20歳のころの思い出などを語るなど楽しいトークが繰り広げられた。

シム・ウンギョン

シム・ウンギョン5

シム・ウンギョン6

シム・ウンギョントーク2

シム・ウンギョントーク3

MCのマキタスポーツは、登壇したシム・ウンギョンに、“陶器のような美肌”と褒めると、ウンギョンは照れながら「肌は強いほうなんです」と答えた。映画『サニー 永遠の仲間たち』を見て、僕は「オッサニー」という全員男性の集団を結成したというマキタスポーツ。『サニー…』は特に女性に人気があったこともあり、「劇場に見に行ったとき、女性が多かったので変な状況でした。(笑)」とエピソードを語った。

今回の『怪しい彼女』の中での方言の話題になると、「今回は完全な方言というよりも、チョルラドの方言が基盤になって、おばあさんの話す口調にポイントを置いていたので、正確な方言ではないかもしれません。」と劇中の方言について語った。

ー今回、20代ですが中身が70歳を演じるうえで苦労したことは?

シム・ウンギョン:私が経験したことがない未来の年齢を演じるということで、“私におばあさんの感性を表現できるのか?”と最初は悩みました。シナリオを読んで演技が出来るか分からなかったので、実は出演を遠慮しようかなと思ったのですが、何度かシナリオを読み返してみたら、この映画はしっかりと伝えたいことが明確で、家族の意味をもう一度考えさせてくれるいい作品だと思い、こういった意味のあるいい映画に参加できることに意味があると思って、出演を決めました。
マキタスポーツ:本当におばあちゃんに見えましたね。20歳なのか70歳なのかどっち?
シム・ウンギョン:今は(韓国で)21歳の花盛りの歳です。(笑)気軽に話していただいて大丈夫です。(マキタスポーツ「お尻を叩かれるんじゃないかと~」)普段はしないです。映画の中だったからできました。(笑)

ー印象的なのが歌を歌うシーンですが、どの曲も素晴らしくて、曲自体が凄く印象的で素敵な曲なんですけど(会場にOSTの曲が流れ)吹き替えなし(自分で)で歌ったんですよね?

シム・ウンギョン:もともと歌うことやダンスをすることが、とても好きだったんです。子供のころに声楽を習っていまして、発声法とか歌い方が今回の映画やOSTのレコーディングの時に役立ちました。
マキタスポーツ:踊ってる姿は、おばあさんっぽいけど、歌ってる声はものすごく透明感がりますね。

シム・ウンギョン:今回はダンスの振り付けの先生と相談しながら振り付けを決めていって、こちらのアイデアも出したんです。出来るだけおばあさんっぽいダンスや動きにしようと手を動かしてみたりしたんです。だから上手に踊るというよりもちょっと可愛らしく、不器用な感じで踊りたいということでアイデアを出しながら撮影をしました。

ここで、OSTの曲は全て1970~80年代に韓国で流行した曲ということで、かつて日本のアイドルだった堀ちえみがゲストとしてステージに登壇!

シム・ウンギョントーク

シム・ウンギョントーク4

シム・ウンギョントーク5

ー本作を見ていかがでしたか?

堀ちえみ:笑いあり、涙ありで、最初はもっとコメディっぽいのかなと思ったんですけど、お母さんと息子のエピソードなど胸にぐっとくるシーンがいくつもありまして、涙しながら、観させていただきました。20代と70代を演じ分けるのは非常に難しかったと思うのですが、どういう点を気をつけて挑んだのですか?

シム・ウンギョン:今回は撮影する前から、“私はおばあさんなんだ”と思い込んで撮影に臨むようにしていたんです。実際におばあさんのマルスン役のナ・ムニ先生と頻繁にお会いして、監督さんと一緒に何度も台本の読み合せもしました。それからナ・ムニ先生の行動を観察して普段どんな動きや仕草をされるのか、歩き方、言葉遣いをチェックしました。ただ動きを真似するだけではいけないと思ったので、私なりの20代の姿をそこに重ねていったんです。それで容姿は20代、心は70代のオ・ドゥリを作っていきましたので、私の感性もそこに入っています。
堀ちえみ:最後の後ろ姿もゾクッとしましたね。

ーアイドルとしての歌っているウンギョンさんを見てどう思いましたか?

堀ちえみ:自分もあんなイキイキと歌っていたのかしら?と(笑)。見ていて自分と重なる部分もあったんですが、当時は忙しすぎて、あれくらい凄く楽しそうに歌えたら楽しかっただろうなと思いました。
マキタスポーツ:あの当時、堀さんも70歳の心があれば、楽しく歌えたのかもしれないですね。
堀ちえみ:そうかもしれない。(笑)

※次のページへ続きます!


ページ:

1

2
ページ上部へ戻る