チョン・イル、MBC新ドラマ「夜警日誌」に出演確定し、時代劇にカムバック!

チョン・イルの写真
俳優チョン・イルが再び時代劇に出演する。

26日、チョン・イルの所属事務所は、MBCの新月・火ドラマ「夜警日誌」の主人公としてチョン・イルのキャスティングが決定したことを発表した。

チョン・イルは、所属事務所を通じて「今まで他の作品では見られなかった『夜警日誌』の設定が心を掴みました。初めてのキャラクターで緊張しますが、ワクワクする気持ちがより大きいので、チョン・イルの別の姿をお見せすることができそうです。期待していただけたら嬉しいです」とのコメントを伝えている。

「夜警日誌」は、朝鮮時代を時代背景に、夜9時から午前5時までの外出禁止時間に巡回をし悪霊を捕まえるファンタジー時代劇。チョン・イル演じる主人公は、爽やかな外貌に加え、富と名誉を持つものの内面の苦しみから逃れるために不良王子として生きてきたが、幽霊を見る能力を身につけ、夜警になって鬼を退治しながら、庶民の生活の喜怒哀楽を直接肌で感じながら、本物の王子に変わっていく。

チョン・イルは、週末ドラマ「黄金の虹」で検査ソ・ドヨン役を演じ、視聴者から好評を博した。また2012年の「太陽を抱いた月」で、陽明役で人気を得た。今回の「夜警日誌」は、どのような演技で再び視聴者の心をキャッチするのか、注目が集まっている。

「夜警日誌」は、現在放送中のMBCの月・火ドラマ「トライアングル」の後枠で、7月に放送がスタートする予定だ。


ページ上部へ戻る