EXO(エクソ)スホ、M Countdownでクリスに言及?意味深なコメント残す

exo
人気グループEXO(エクソ)のメンバー、クリスが所属事務所であるSMエンターテイメントに対し専属契約無効訴訟を起こした15日午後、ケーブルチャンネルMnetの歌番組「M Countdown」が放送され、EXO(エクソ)の総リーダーであるスホが一人、舞台に立った。

EXO(エクソ)はこの日、ガールズグループApinkの「Mr. Chu」とともに新曲「中毒」が1位候補となり、圧倒的な差をつけて1位になった。1位のトロフィーを受け取ったスホは、「EXO(エクソ)のファンに感謝します。今日は恩師の日(※韓国は15日、先生に感謝する日である「ススンエナル」だった)なのでイ・スマン先生に感謝します。僕達EXO(エクソ)のメンバー、愛してる」とコメントした。

また、この日マスコミを騒がせたクリスの訴訟を示唆するかのように「僕たちのスローガンは『We are one』だ。自分だけではなく、一緒にいる僕たちを考えるEXO(エクソ)、EXO(エクソ)のファンのことを考えるEXO(エクソ)になります」と意味深に述べ注目を集めた。


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません