超新星ユナク登壇!『無花果の森』一般完成披露試写会舞台挨拶 取材レポート!

超人気のダンスヴォーカルグループ「超新星」のリーダー、ユナクが日本映画単独初主演した『無花果の森』の一般完成披露試写会が、4月9日(水)五反田・ゆうぽうとホールにて開催され、主演のユナク(超新星)をはじめ、共演者の原田夏希、主題歌も歌うMiNo、丹羽多聞アンドリウ(プロデューサー)が登壇し、舞台挨拶が行なわれました。

ユナク

映画『無花果の森』は、直木賞作家である小池真理子が、平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した「無花果の森」(日本経済新聞出版社・刊)を完全映画化。6月14日(土)に公開される予定。

ステージに登壇者が登場すると大歓声と大きな拍手に包まれ、自己紹介と質疑応答が行なわれた。(ユナクは全て日本語)

登壇者は、主演のキム・ヨンホ役を演じたユナク、相手役の新谷泉役を演じた原田夏希、主題歌を歌い、劇中でも栗田千春役を演じたMiNo、そして別の撮影の為、出席出来なかった古厩監督の代わりにプロデューサーの丹羽多聞アンドリウが登壇。

ユナク2
左から、MiNo、ユナク、原田夏希、丹羽多聞アンドリウ(プロデューサー)

―今回は超新星を離れて1人で日本の映画初主演となりましたが、このお話を受けた時のお気持ちは?(会場から大きな拍手が沸く)
ユナク:メンバーから「羨ましい」って言われたし、メンバーを離れて初めて初主演したんですが、凄く緊張してるし…今なんか…東京ドームで初めてライブをやる感じより本当に緊張してるんじゃないかと思います。(メンバーがいないので)頼りが全然いない…どうすればいいか(笑)でも超新星のファンの皆さんが来てくれるから、それが頼りです。(会場拍手)

原田夏希

原田夏希2

原田夏希3

―原田さんはユナクさんと共演されていかがでしたか?
原田:一番最初にリハーサルをした時、自分の母国語ではない言葉でお芝居をされていて、それって本当に凄いことだなと思いました。一番最初に会った時から思ってて、撮影中も普段も日本語は話されますが、映画では普段私達日本人でも使わない言葉やセリフがいっぱいあったので、本当に凄いなと尊敬しっぱなしでした。(褒められて照れまくるユナク)
ユナク:はい、ありがとうございます。(照)

MiNo

―MiNoさんはエンディングの主題歌を歌われて、劇中でも、あるシーンに登場されますが、演技をされていかがでしたか?
MiNo:ユナクさんとの絡みのシーンがありまして、自分でも勉強になりました。撮影中には演技の指導も優しくしていただきました。(会場から歓声と拍手)
ユナク:(歓声にこらえきれず)めっちゃ気まずいですね~(照)

丹羽プロデューサー

―丹羽さんにユナクさんと原田さんのキャスティングについてお伺いしたいのですが。
丹羽:ユナクさんはとても優しくて、時々僕の手も握ってくれました!?(会場笑)今回「無花果の森」という原作を映画にすると決まった時に、原作は日本人の役ですが、あえてユナクさんにお願いしました。ご本人はとても不安だったと思うんです、自分で大丈夫なのか?と。また原作者の小池真理子さんも、あえて超新星のユナクさんがとても素晴らしい役者さんで、とても華があるので、ぜひこの人にやってもらいたいとのことでした。映画を観終わった原作者の小池さんも「素晴らしい!ユナクさん、こんな素敵な俳優さんありがとう」と言ってました。原田さんは原作は地味な追われる女性で、本人と真逆の女性の役を見事に演じていただきました。この流れらからみると映画を観終わった後に凄く敵が増えるかもしれませんね…
原田:すみません(笑)
丹羽:本当に素敵な女優さんで個人的に何度もオファーしていたのですが、ユナクさんが出てくれるということでやっと出てくれたんです。(会場笑)
原田:違います、違います~(笑)
丹羽:MiNoさんにも今回歌っていただいて映画の方にもご出演していただいているので皆さん楽しみにしていてください。

ユナク3

ユナク4

ユナク5

ユナク6

―今日は映画を初めてここで上映しますが、ユナクさんは演技をして一番難しかったところは?
ユナク:もちろん、日本語のセリフが大変でした。結構今までドラマもやらせてもらったのですが、あまりにもセリフが長くて、監督さんは一発で撮るのが好きなので、カットかからなくて不安でした。一番悩んだのは夏希さんとのキスシーンです(会場「きゃー」)すぐ前にミルキーウェイ(ファンの方々)がいるから…(笑)ソンモ君は「大丈夫?」と凄い心配してくれて…でも僕のファンの皆さんは、たぶん理解してるんじゃないかなと…(会場の「え~~!」に驚いて)あれ??してくれないの?(笑)いろんな僕を見せたくて真剣に考えて決めた作品だから笑わないように!(会場笑)

―原田さんはご自身と真逆の役とのことですが、いかがでしたか?
原田:やっぱり孤独と何かから逃げていくという、ずっと暗いものを抱えた部分を背負った女の人なんですけど、見ていただけると分かると思うのですが、ユナクさん演じたキム・ヨンホも私が演じた新谷泉も、その旦那さんも江波杏子さん演じる天坊先生もさくらさんも、みんなそれぞれ孤独を抱えていて、そこから一歩外に出ようと思った時に、立ちあがることが出来た人達のストーリーだと思うので、どんな環境にいる人でも、自分が飛びだそうという意思があれば出来るんだということを皆さんに共感してもらえるんじゃないかと思っています。

―ユナクさん以外の3人にお伺いしますが、ユナクさんの面白エピソードは何かありますか?
丹羽:ないです。(会場笑)自分は現場にいないので、立場的に偉いので(-自分で偉いって言っちゃいましたね)(会場笑)
原田:ユナクさんは、ちょこちょこ面白いことが沢山ありますよ。こういう雰囲気で穏やかそうなのに、時々もの凄くギャップのある強い発言があったり。日本語を話す時は凄く穏やかなんですけど、マネージャーさんとかと喋ってる時の韓国語の早さ、もの凄く違う人みたいです。(笑)一番私が面白かったのは、「お台場の大江戸温泉、知ってる?」と聞くと「知ってるよ!」とサラリと言うので、日本の事を本当によく知ってるなと思いました。そしたら河口湖に行った時に“白鳥”を見て、「あれはなんていう鳥?“あひる?”」と言うので「あれは白鳥だよ」と言ったら「ハクチョウ?白くないのに黄色じゃん!」っておっしゃってて、(笑)そういうところが異文化コミュニケーションの面白いところかなと思って、凄く私的にはツボでした。(会場も大笑い)

―ユナクさん、大江戸温泉は知ってたのに白鳥は知らなかったんですね?
ユナク:(恥ずかしそうに)はい、ちょっと…もっと勉強します。

MiNo:私は韓国語を勉強してたんですけど、実際にユナクさんに自己紹介で使ってみたんです。「チャヌン、ミノダ(私はMiNoだ)」と言ったんですけど、(「私は」は)「チョヌン」でした。間違えました。(笑)

丹羽:(思い出したように)MiNoさんのシーンでユナクがピアノを弾こうとしたんです。そしたら怒られてました。(会場笑)

ユナク7

ユナク8

ユナク9

ユナク10

―これから皆さんが見るにあたって、ここは見てほしいポイントをどこに注目してほしいですか?
ユナク:皆さん、試写会来る前に、たぶん原作を見てきたと思うんですが、僕はまだ全体的に最初から最後まで見てないんです。なんて言うんですかね~“僕のお芝居を見てください”とも言えないし~でも本当にスタッフさんと監督さんといっぱい話しをして、協力して、頑張って頑張って撮った作品なので、僕も今は安心してるし…今までのユナクとは絶対違うと思うので、それを楽しんで、夏希さんが言ったように孤独や悩みとか、人としての流れ、僕はいつも運命を信じてるから、その流れを見ながら静かに見てくれるといいなと思います。よろしくお願いします。(会場拍手)

原田:重複してしまうんですけど、共感出来るポイントがそれぞれあると思うので、私は個人的に天坊先生の江波杏子さんのセリフの中には、いっぱい いい言葉があるな~と思ってて、それが皆さんの心に残るんじゃないかなと思いますので、注目して見てほしいと思います。

―最後に皆さんにひとことずつメッセージをお願いします。

ユナク:皆さん、来てくれてありがとうございます。すっごいドキドキしてるんです、見てないから。見てから来るとちょっと安心するのか、もっと不安が増えるのか分かんないですけど、今ドキドキしてます。この映画を見てからツイッターとかブログとかで厳しく言ってくれればと思うし…はぁー!(と、大きなため息(会場笑))めっちゃ緊張してるんです。見てからまた。楽しんで見てください。楽しい映画ではないですけど(笑)真剣に見てください。よろしくお願いします。

原田:本当に私もドキドキしているし、やっぱり映画というのは、作った側だけでなく、ここに来てくれたお客さんが見てくれて、初めてひとつの作品が完成すると思うので、まだ本当の公開までには時間がありますが、皆さんがこうやって見に来てくださっているので、ぜひ『無花果の森』の世界に浸っていってください。よろしくお願いします。
ユナク:そして!面白くなくても、面白かったって噂を!約束する?(会場「するー!」)よし!(笑)

MiNo:沢山の方に映画『無花果の森』を見ていただきたい思いで胸がいっぱいです。ありがとうございます。

丹羽:今、(ユナクが)「面白くなくても」と言いましたが、「面白い」ですから(笑)
ユナク:(「面白い」と)言いました~(笑)
丹羽:この映画はユナクさんのいろいろな面があって、ファンの方には申し訳なく、ちょっと肌が見えるところもあるんですけど「会場「え~!」)ユナクさんの魅力を360度撮った映画ということで、ぜひともよろしくお願いいたします。(会場拍手)

ユナク11

ユナク12

ユナク13

ユナク14

ユナク15

最後に行なわれたフォトセッションでは、女性に挟まれたユナクの姿に会場から「ヒュ~!」との声。ますます恥ずかしそうなユナクは照れながら終始笑顔いっぱいのフォトセッションとなりました。

ユナク16

ユナク17

ユナク18

ユナク19

ユナク20

【ストーリー】
超新星ユナク・日本映画初主演。絶望の闇におちた男女が織りなす、深く切なく甘美なラブストーリー
「君のことを守りたい」彼の言葉が彼女の心に光を射した
日本に留学し、ジャーナリストを目指すも、今では雑誌社のパパラッチとして働いている韓国人青年ヨンホ(ユナク)。彼は世界的有名指揮者、新谷吉彦(三浦誠己)の妻・泉(原田夏希)へのDV疑惑を追っていた。そして、そのことを知られた彼女は、全てを捨て、ある町に身を隠し、偏屈で通る老女性画家・天坊八重子(江波杏子)の住込み家政婦となった。しかし、ある日、ヨンホと泉は偶然にも再会する。しかも、再会した時のヨンホは、警察に追われていた。追われるヨンホと逃げる泉。二人は次第に心を寄せ合うようになるが…。

出演:ユナク(超新星)、原田夏希、三浦誠己、徳井優、木下ほうか、MiNo、瀬戸早妃、かでなれおん、名高達男、江波杏子
プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ  監督:古厩智之
原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)(日本経済新聞社・刊)主題歌:「ジュエリーボックス」MiNo
特別協賛: VanaH(株) 製作:(株)アタデューラ 配給:BS-TBS
オフィシャルHP:http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/ ©2014『無花果の森』製作委員会
2014年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/ステレオ/108分

6月14日(土)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません