YG Family大集結!24人の「FANT​ASTIC BABY」に5万人が​大熱狂!

韓国・YG ENTERTAINMENTが誇るアーティストが約2年振りにここ日本に大集結する「YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan」が、12日に行われた京セラドーム公演を皮切りにスタートし、当日会場に詰めかけた約5万人のファンを熱狂の渦に巻き込んだ。

BIGBANGなどYGFamily

この日は、海外アーティスト史上初の日本6大ドームツアーで77万人超を動員するなどいまや押しも押されぬ不動の人気を確立した「BIGBANG」 (読み : ビッグバン)を筆頭に、今年6月に待望の日本でのアルバム発売が決定した「2NE1」 (読み : トゥエニィワン)、韓国でテレビ放送もされたサバイバルプロジェクト「WIN : Who Is Next」から飛び出した同事務所期待の大型新人男性グループ「WINNER」 (読み : ウィナー)・「TEAM B」 (読み : チーム ビー)を含む全6組24人のアーティストが総出演 (PSYはスケジュールの都合により出演を見合わせる形となった)。各アーティストがそれぞれのステージを繰り広げるのはもちろん、このYG Family World Tourの醍醐味でもある各アーティストの垣根を超えたコラボレーションステージとしてG-DRAGON (from BIGBANG)とCL (from 2NE1)、SOL (from BIGBANG)と「TEAM B」、そして「WIN : Who Is Next」での名勝負も記憶に新しい「WINNER」と「TEAM B」の共演なども織り交ぜ、アンコールでは全出演者でBIGBANGの「FANTSTIC BABY」を歌唱する等アンコールを含む全40曲約3時間にも及ぶ、盛りだくさんな公演内容となった。

BIGBANG

2NE1

「WINNER」に関しては今回のYG Family World Tour出演の他、今月29日と来月5日には待望の日本でのファンイベント「Hello! WINNER」の開催も決定。昨年12月に大阪・千里セルシーで初めて開催したファンイベントには約8千人の観客が詰めかけたという彼等の日本での待望の単独イベント発表に会場からは大きな歓声が上がり、このグループに大きな期待が寄せられていることが感じられる結果となったと言えるだろう。

そして、WINNER同様今回の公演で大きな歓声を巻き起こした「TEAM B」は、この日の出演がなんと初来日ステージにも関わらず、堂々とした圧倒的パフォーマンスを披露し、大観衆を一瞬で魅了した。”G-DRAGONの再来”とも言われているリーダーであるB..I (読み : ビー・アイ)をはじめ、6人のメンバーで構成されるこちらのグループの今後の活動展開も楽しみなところ。

なお、このYG Family World Tourは13日に同じく京セラドーム大阪で公演を終えた後、来月3日・4日には東京ドームでも開催が予定されている。今回の初日公演を終えて、東京公演に関しては今後さらなるチケット争奪戦が繰り広げられそうだ。


ページ上部へ戻る