「K-POP STAR3」ファイナルラウンド、バーナード・パク優勝でJYP行き、決定!!

K-POP STAR3バーナード・パクの写真SBSのオーディション番組「K POP STAR3」ファイナルラウンド決勝戦で、バーナード・パクが優勝しJYP行きを選択した。

13日に韓国で生放送で放送された、SBSの「ニュー!日曜日は楽しい-K-POPスター3」(以下「Kポップスター3」)は、遂にここまで勝ち残った2人であるサム・キムとバーナード・パクの決勝戦となり、二人とも熱いステージを披露した。

番組でサム・キムとバーナード・パクは、審査員から与えられたミッション曲と自由曲の合計2曲で最終選考を迎えた。

1ラウンド目のステージでバーナード・パクは、ユ・ジェハの「愛のため」を、サム・キムはBIGBANG(ビッグバン)の「嘘」を熱唱した。そしてこれに続く、自由曲の第2ラウンドでは、サム・キムは、STING(スティング)の「Englishman In The Newyork」を、素晴らしいギター演奏とともに披露し、審査員の絶賛を浴びた。一方のバーナード・パクは、R Kelly(アール・ケリー)の「I Believe I Can Fly」を熱唱した。

自由曲ではサム・キムの評価の方が高めだったが、携帯メール投票が締め切られ、最終的にバーナード・パクが優勝となった。準優勝のサム・キムも、8ヶ月間の苦労を共にしたバーナード・バクを心から祝った。

バーナード・パクは、「とても感謝している。今、新たなスタートに期待している。見守ってほしい」と優勝の感想を述べた。

優勝特典である所属事務所の選択でバーナード・パクは、「僕はまだ学ぶべき点が多い。JYPが僕を最もよく教えてくれることができるようだ」と、JYPエンターテイメント行きを決めた。

番組を見たネットユーザーから、「バーナード・パク、サム・キム、二人ともお疲れ様!」、「本当に最後はすごい対決だった」、「互角の戦いだった」といった反応が寄せられた。


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません