「神の贈り物」イ・ボヨン&キム・ユビン、スモーキーメイクのB1A4バロとの写真公開!

ドラマ「神の贈り物」の写真
SBSの月・火ドラマ「神の贈り物-14日」(以下「神の贈り物」)に出演中のバロがインパクトあるスモーキーメイク姿を公開した。

24日に公開されたドラマ撮影の現場写真には、バロとイ・ボヨン、キム・ユビンの姿が写っている。バロは、ドラマの中でハン・セッピョル(キム・ユビン)の好きなロックグループSNAKE(スネイク)のメンバー、テオ(ノ・ミヌ)の姿をマネし、笑いを誘った。バロは、上まぶたに赤いアイシャドウを塗り、右目の下には十字架を描いたスモーキーメイクをしている。

現場でバロとキム・ユビンの2人は、年齢を超えた純粋な友情をを築いているという。2人の年齢差はなんと13歳。現実には友達にはなりにくい年齢差といえそうだが、多情多感な性格のバロが、愛嬌があってかわいいキム・ユビンを妹のように面倒を見ているという。

ドラマ関係者は、「事件が複雑であり、どんでん返しが多い展開で、子役俳優がドラマに沿って行くには難しい仕事でもあるが、ドラマの中で、セッピョルが置かれた状況に集中しているキム・ユビンを見ると関心する。バロも今回が2作目にも関わらず、本人が何をすべきかを正確に知っている。自分の役割をスマートにこなす人だ」と2人を賞賛した。

バロがスモーキーメイクをした理由については、24日午後10時に韓国で放送された「神の贈り物」第7話で明かされている。


ページ上部へ戻る