「神の贈り物-14日」精神年齢6歳の役を熱演のB1A4バロの感想は・・・?

B1A4バロの写真
SBSの新月・火ドラマ「神の贈り物-14日」に出演するB1A4(ビーワンエーフォー)のメンバー、バロの撮影現場が公開され注目を集めている。

17日にSBSの新月・火ドラマ「神の贈り物-14日」の初の撮影現場写真が公開された。公開された写真に写っているバロは、控えめな表情で演技に没頭しており、イメージを重視するアイドルではなく、演技に真剣に情熱を傾けている様子が伺える。
これは10日、京畿道(キョンギド)河南(ハナム)市のアパートの前で行われた初撮影の模様で、ベテラン俳優でも表現しづらい6歳児の演技をこなしたとのこと。事前に徹底的に役柄についてみっちりと分析し、準備万端で演技に挑んだとのことだ。

初撮影を終えたバロは、「ヨンギュは、精神年齢が6歳にとどまっている天真爛漫な子」と自身の演じる役どころを説明、「待っていただけに、撮影がとても面白かった。今回のドラマが2番目となる作品だが、たくさん応援し、愛していただきたい」と感想を明らかにした。

バロは、ドラマの中で4次元の子供のセビョル(キム・ユビン役)を殺人から守るために力を尽くすヨンギュ役を演じる。ヨンギュは、セビョルの唯一の友人で精神年齢が6歳の知的障害がある、純粋な男だ。

ドラマ「神の贈り物-14日」は、誘拐された娘を生かすべく、2週間前にタイムワープした母親と元刑事が謎の誘拐犯と繰り広げる頭脳ゲームを描いた作品で、3月3日から韓国で放送がスタートする予定だ。


ページ上部へ戻る