米ビルボード、東方神起のこれまでの活動を大賞賛!

東方神起の写真
今月、7枚目となる正規アルバム「TENSE」がリリースされ活発な活動を展開している東方神起が、デビュー10周年を迎え大きな注目を集めている。

15日(現地時間)、アメリカのビルボードは、K-POPのコラムコーナー「K-TOWN」を通じて、「Happy 10th Anniversary、TVXQ! 10 Shining Moments in the K-Pop Icons Career(東方神起の10周年を祝うために、K-POPアイコンである東方神起のキャリアの中で10の輝く瞬間)」というタイトルで記事を掲載し、「東方神起の10周年は、韓国だけでなく、全世界で祝うべき」と伝えた。

また、「東方神起の誕生」から「世界で最も巨大なファンクラブの記録」、「4枚目のアルバム『MIROTIC』の圧倒的成功」、「韓国の男性グループ初の日本NHK『紅白歌合戦』出場」、「ドームツアー」、「デュオとしてカムバック」、「海外アーティスト初の日産スタジアム公演」、「ビルボードK-POPマスターズコンサート代表」、「LA初の単独コンサート」、「韓国の10周年記念コンサート」などこれまで東方神起の活躍を10のテーマに分けて、詳細に紹介し、高い関心を示した。

ビルボードは、「東方神起は、2003年末のデビュー以来、韓国歌手としてグローバルな活動がどのようなことを意味しているかということについて、新たに開拓した」と評し、「10年後の東方神起は、K-POPの王座にいる。多くのアイドルグループが活動5年目を超えると苦しむが、東方神起は着実に記録を更新しており、他のグループよりも一歩先を行っている」と絶賛した。

東方神起は最近発売した7枚目のアルバム「TENSE」でも、ビルボードで「マイケル・ジャクソン、ブルーノ・マーズなど、その他R&Bファンにも満足させるだけのアルバム」で好評受けている。


ページ上部へ戻る