北村韓屋村(ブクチョンハンオクチョン)

  • 2014/1/16
  • 北村韓屋村(ブクチョンハンオクチョン) はコメントを受け付けていません

北村韓屋村(ブクチョンハンオクチョン)
北村韓屋村(プクチョン・ハンオクチョン)は景福宮や昌徳宮、宗廟の間にある地域で昔から両班の村として知られていた場所です。巨大な古宮の間に、瓦ぶきの伝統的な韓屋が密集していて、昔ながらのとおりがそのまま保存されています。600年の伝統を誇る韓屋は、朝鮮時代の上流階級の家で、今もその雰囲気を味わえるエリアです。

昔から清渓川と鐘路の北にあることから、昔からこのエリアは「北村」と呼ばれ、当時王室の高位官職や王族が居住していた高級住宅地でした。現在は伝統文化体験館や韓屋料理店などに活用されていて、最近新しく建てられた韓屋とも調和しながらいにしえの昔をしのばせています。

その一角にたたずむと、静かな息遣いを感じます。それもそのはず。ここは民俗村のような娯楽施設ではなく、実際にソウル市民が生活しているエリアだから。韓屋の伝統を維持しながら、市民の生活も維持してきました。繁華街では見ることができない、市民の素朴な生活風景を垣間見ることもできるかもしれません。工房や博物館、また伝統茶を楽しめるかカフェなども立ち並び、外国人観光客の、自由行動のエリアとして人気を集めています。都会のけん騒を離れて、朝鮮時代の雰囲気を味わいながらゆったり散策してみてくださいね。

■基本情報
名称:北村韓屋村(ブクチョンハンオクチョン)
住所:ソウル鐘路区嘉会洞(カフェドン)斎洞(チェドン), 三清洞(サムチョンドン)一帯
電話番号:北村文化センター:02-3707-8388
交通アクセス: 地下鉄 – 3号線「安国駅」下車


関連記事

この記事も一緒にいかが?

コメントは利用できません。