G-DRAGON (from BIGBANG) 日本ソロデビューアルバム絶好調スタート!!

gdragon
現在海外アーティスト史上初となる日本6大ドームツアーを開催中の、アジアが世界に誇るモンスターグループ”BIGBANG (ビッグバン)”。そのリーダーであり、さらにBIGBANGのプロデュース・作詞・作曲をも行うカリスマ・G-DRAGON (ジードラゴン)の日本ソロデビューアルバム『COUP D’ETAT [+ ONE OF A KIND & HEARTBREAKER]』が11月27日(水)に発売され、34,597枚で初日(11月26日付)オリコンCDアルバムデイリーランキング2位と絶好調スタートを切った。

これは2011年『BIGBANG 2』、2012年『ALIVE』の初日売上枚数を大きく上回る数字で、BIGBANG関連作品(ソロ・グループ)における初日売上最多枚数を更新したもの。さらには発売3日にして、これまでのBIGBANG関連作品のウィークリー最多売上枚数をも上回る見込みだ。

全世界8ヶ国13都市27公演で57万人動員(日本公演は4大ドームツアー)という初のソロワールドツアー【G-DRAGON 2013 1st WORLD TOUR : ONE OF A KIND】も大成功を収め、先日行われたアジア最大級の音楽授賞式【Mnetアジアミュージックアワード(2013 Mnet Asian Music Awards / 2013 MAMA) 】では「最優秀アーティスト賞」をはじめ、「最優秀男性アーティスト賞」、男性ソロ部門にて「最優秀ダンス・パフォーマンス賞」、「最優秀ミュージック・ビデオ賞」を獲得し4冠に輝くなど、2013年のソロアーティストG-DRAGONとしての凄まじい勢いをこの日本ソロデビューアルバムでも裏付けることとなった。

このアルバムは『COUP D’ETAT [+ ONE OF A KIND & HEARTBREAKER]』というタイトルの通り、2013年最新アルバム『COUP D’ETAT (クーデター)』をはじめ、2012年ミニアルバム『ONE OF A KIND (ワン オブ ア カインド)』、そして2009年デビューアルバム『HEARTBREAKER (ハートブレイカー)』というこれまでのソロ楽曲全てを網羅した、コンプリートベストとも言えるファン待望のジャパンソロデビューアルバムとなっている。

韓国オリジナルバージョンでの大ヒット曲の数々はもちろん、新録日本語バージョンとして「ピタカゲ (CROOKED)」、「WHO YOU?」、そして2NE1のBOMをフィーチャーした「BLACK [feat. BOM (from 2NE1)]」という3曲を新たに制作、そしてボーナストラックには「あんなヤツ」 含むCD2枚組み全32曲(【CDのみ】は全35曲)を収録。そしてDVDには、日本語バージョンMV「ピタカゲ (CROOKED)」、「WHO YOU?」、「あんなヤツ」3曲をはじめ、ソロデビュー以降の全MV11曲が収められている。

今デビューアルバムは、【2 CD + DVD + PHOTO BOOK + GOODS】-DELUXE EDITION- 、【2 CD + DVD】、【2 CD】、【PLAYBUTTON】に加え、【MUSIC CARD】という全5形態でのリリース。さらに特設サイト限定販売の【MUSIC CARD】を購入すると、アルバムリリース記念イベントに参加できるということなので、ファンはオフィシャルHPにて詳細を確認してもらいたい。

上述の通りBIGBANGとしては現在日本6大ドームツアーを開催中。11月16日(土)・17日(日)西武ドーム2公演を皮切りに、今週末には11月29日(金)~12月1日(日)京セラドーム大阪3公演、12月7日(土)・8日(日)福岡 ヤフオク!ドーム2公演、12月14日(土)・15日(日)ナゴヤドーム2公演、12月19日(木)~21日(土)東京ドーム3公演、2014年1月4日(土)札幌ドーム、1月11日(土)・12日(日)・13日(月・祝)京セラドーム大阪3公演を予定。全6都市16公演で77万1000人を動員する。

過去のBIGBANGとしての数字を今回のG-DRAGONのソロ作品で大きく上回る結果となったが、G-DRAGON以外の4人のメンバーも『ALIVE』のリリース以降精力的なソロ活動を行っており、G-DRAGON同様にそれぞれが大きな進化を遂げている。その5人がここ日本でのドームツアーで集結。ひとまわりもふたまわりもスケールアップした”BIGBANG”として産み出す計り知れないシナジーを体感できるチャンスを是非見逃さないでほしい。


関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA