BIGBANG(ビッグバン)V.I、日本ドラマで初キスシーン撮影では撮影前に3回の歯磨き!

BIGBANGのVIの写真
人気グループBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィ・アイ)が日本のドラマで初めてのキスシーンを撮影した際に撮影前に3回も歯磨きをしたことが話題を呼んでいる。

V.I(ヴィ・アイ)は、4日に日本で初放送となるドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」で、女優瀧本美織とキスシーンを熱演した。V.I(ヴィ・アイ)の初キスシーンは、音楽ランキングサイト「オリコン」で人気ニュースの1位にランキング入りするなど、大きな関心を集めてた。

先月28日、V.I(ヴィ・アイ)の所属事務所が公開したV.I(ヴィ・アイ)のキスシーンは、2人がドラマの中で初めて、お互いの感情を初めて表す重要なシーンの一つ。ドラマは、V.I(ヴィ・アイ)が演じる韓国人留学生スンホが、瀧本美織演じる大学生みうが住んでいる家にホームステイしスタートする。

撮影現場の関係者は、「V.I(ヴィ・アイ)は約40人の撮影スタッフが見守る中、相手役の瀧本美織の前で、緊張しながらも堂々と演技をした」とし、「バラエティ番組で活躍してきたV.I(ヴィ・アイ)の姿とはまたひと味違う、真剣な演技を見せた」とコメントしている。

V.I(ヴィ・アイ)は、キスシーンについて「キスシーンは初めてなので本当に緊張した。瀧本さんは本当にクールだった。ドラマの中でとても重要な場面なので、カメラテスト時にキスをすべきか悩みもしましたが意外に早くOKが出て残念だった」とし、「撮影前に、歯を3回も磨いた。ずっとドキドキした」と語り、笑いを誘った。


ページ上部へ戻る