『ラスト・プレゼント』のオ・ギファン監督『​最後の晩餐』日本公開​決定&ポスター公開!

『最後の晩餐』ポスター
日本でも話題となった感動作『ラスト・プレゼント』のオ・ギファン監督が中韓合作映画に挑戦、中国で約30億円の大ヒットを記録したバイ・バイホー&エディ・ポン主演の原題『A Wedding Invitaiton (分手合約)』がこの度、邦題を『最後の晩餐』とし、2014年春日本公開することが決定、さらに日本オリジナルのポスタービジュアルが公開された。

中国では1億9千万人民元(約30億円)という興行収入を記録。今年公開されたハリウッド映画『オズ はじまりの戦い』『クラウド アトラス』などを抑え、 中韓合作映画史上最高のヒットとなった『最後の晩餐』。
新しいのにどこか懐かしい。何も考えずに笑えたかと思うと、胸が苦しくなるほどの切なさが襲う。そんな不思議なツートーンラブストーリーが、目にも楽しい料理の数々と共に鮮やかに繰り広げられる。

物語の舞台となるのは北京と上海。中国を代表する2つの大都市が、美しいコントラストを放ちながら2人の恋の行方をそっと見守る。強さと儚さをキュートに体現するヒロインには、11年中国映画最高のヒット作『失恋33天 Love is not blind』に主演したバイ・バイホー。『失恋~』で大衆映画百花奨最高賞を受賞し、アジア全域が熱い視線を注ぐ注目女優である。そんな彼女に思い出のスープを作るのは、台湾トップクラスの人気俳優=エディ・ポン。正統派の甘いルックスでモデルとしても活躍、近年は俳優としての評価も高く、映画『ジャンプ!アシン』(11)では、台湾最高峰の金馬賞で主演男優賞を射止めている。監督は、『ラスト・プレゼント』(01)で日本を感動に包み込んだオ・ギファン。本作でもすれ違う二人の微妙な想いを見事に描き手腕を発揮している。

大事な人が自分のためだけに作ってくれる温かなスープ。そこに込められた本当の意味を知った時、優しい涙が流れるだろう。この冬、心も体も満たしてくれる滋味たっぷりの1本だ。さらに、物語のキーとなるスープを印象的に添えた、初恋同士の二人の初々しい想いが詰まった爽やかなポスタービジュアルもあわせて公開となり、期待を高めている。 

『最後の晩餐』は2014年春シネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開。

                                                        
【STORY】
「5年後に会いましょう」。突然飛び出した初恋の人からの“別離契約”。陶芸家を目指す彼女(バイ・バイホー)のお皿に、三つ星シェフを目指す彼(エディ・ポン)が作るスープは最高の組み合わせ。永遠に続くと思っていた笑顔の日々、そしてウェディングドレスの約束が・・・。彼女は上海へ、彼は北京で料理修行。でもそれは、夢を叶えるためのたった5年の別れのはずだったー。
そして約束の日、彼からの電話が鳴る、「結婚式に出て欲しい」と。思いもしなかった衝撃の言葉が彼女の胸に突き刺さる。果たして、2人が夢を叶えた再会の時、約束は守られるのか?いつも笑顔だったあの頃に戻れるのだろうか?

監督:オ・ギファン 『ラスト・プレゼント』  出演:バイ・バイホー、エディ・ポン、ペース・ウー、ジアン・ジンフー
原題:A Wedding Invitaiton (分手合約)/2013年/中国・韓国合作映画/中国語/103分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド
★公式サイト http://bansan-movie.com/


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません