ファンの心境やいかに?INFINITE(インフィニット)エル、所属事務所が交際していたことを公式に認める

woollim公式告知
今年9月にエルとキム・ドヨンさんの熱愛説が流れたが、エルの所属事務所である、Woollimエンターテインメントが当時、「友達として知り合った知人の一人であり、交際の関係ではない」と否定していた立場を翻した。

26日午後、INFINITE(インフィニット)エルの所属事務所は、公式サイトを通じ「9月にエルの熱愛説が流れた時点で、2人が約4ヶ月間交際していたと把握しています。当時、エルは、キムさんとの関係について認めようとしましたが、所属事務所はアーティスト保護の観点から交際の事実を認めませんでした。この点について、心からお詫びいたします」と、2人が交際していたことを公式に認めた。

そして、「2人は9月の熱愛説の後、世間の注目が集まったことやワールドツアーの日程が重なったことから、一度も会うことなく疎遠になったと把握しています。これ以上、本件でエル、キムさん、そしてファンが傷つくことがないように望みます」と伝えた。

所属事務所の立場表明は、同日、キム・ドヨンさんが自身のTwitter及びサイワールドに「熱愛説が浮上した時から今まで、事務所側からミョンス(※エルのことを指す)のために静かにして欲しいと頼まれ、今まで黙ってきた。それが彼のためだと思えば、我慢できるだろうと思った」と説明した上で、自分自身のみにならず、家族や友人にまでも多大なる精神的・金銭的実害が及んでおり、これ以上は耐え難い状況にあることを激白し、「今後は悪質なコメントを書き込むネットユーザーや悪質な噂に積極的に対応していく」と表明したことから、INFINITE(インフィニット)の所属事務所に真偽のほどが問われることとなったものだ。

所属事務所の立場表明に一部ファンは混乱する様子を見せ、「ショックすぎる」「所属事務所、いまさら何言ってんの?!」「裏切られた!」など、所属事務所の立場を翻したことに対するショックな思いや非難の書き込みなどが散見している。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません