エッセイ本「熱血男児」を出版した俳優チャン・ヒョクが語った兵役逃れと愛妻エピソードとは?

チャン・ヒョクの写真

最近、初のエッセイ本「熱血男児」を出版した俳優のチャン・ヒョク。今月8日放送のMBCのバラエティ番組「黄金漁場-ヒザ打ち導師」に出演した際の、デビューから結婚、現在に至るまでの芸能生活を振り返ったトークが話題となっている。

デビュー当時、初めての撮影で、NGを32回連発したしたこと、また現在の妻に出会ったラブストーリーを公開したチャン・ヒョクは、「軍隊に行った時の妻の年齢は、32~34歳で、大変な状況の中でも、僕をずっと待ってくれていた人」とし、妻への感謝の気持ちとともに熱い思いを語った。また息子の妊娠は、計画的だったとし誕生の秘話を明かした。

過去の兵役逃れについて、「間違っている行動と分かっていながら、過ちを犯してしまった」とし、「謝罪するため記者の前に立った時、のどが詰まってしまって言葉出なかった。両親が見ていると考えると後悔し、自責の念が押し寄せた」とその時の心境を語った。

また、「兵役中は、チャン・ヒョクとして生きてきた10年間で忘れていたチョン・ヨンジュン(本名)を思い出す時間だった」と当時を振り返った。

チャン・ヒョクが出演した「黄金漁場-ヒザ打ち導師」は、4.2%の視聴率を記録した。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません