Super Junior(スーパージュニア)、初のブラジル公演、ファン大熱狂で失神者も続出?!

Super Juniorの写真2

Super Junior(スーパージュニア)のコンサートが南米で大盛況に行われたことが伝えられファンの関心を集めている。

Super Junior(スーパージュニア)は21日午後7時30分(現地時間)からブラジル・サンパウロのクレジットカードホールにて「SUPER JUNIOR WORLD TOUR<SUPER SHOW 5> IN SAO PAULO」を開催した。コンサートでは約3時間にわたり「Sorry Sorry」「美人~BONAMANA」「Mr.Simple」「Sexy,Free & Single」などのヒット曲の他、各ユニットの曲やアルバム収録曲等24曲を披露し大好評を得た。

会場には8千人の観客で熱気に溢れ、熱狂したファンら約140人が気絶したり車椅子で外へ運び出されるなど、現地の医療チームもSuper Junior(スーパージュニア)の人気の高さに驚いた様子を見せていたとのこと。

今回の公演についてSuper Junior(スーパージュニア)は「飛行機で25時間かけて地球の裏側にある南米ツアーの地に着いた。遠いと思っていたが、いざ舞台に立ってみるととても近くに感じる。デビューした時には、ブラジルでコンサートをすることは想像もできなかったが、次々と新しい記録を作ることができ、応援してくださるファンの皆様には本当に感謝している」とブラジル公演を終えた感想を伝えた。

ブラジル公演を大成功に終えたSuper Junior(スーパージュニア)はその勢いを加速させ、23日にはアルゼンチン・ブエノスアイレスにてコンサートを行った。

写真:SMエンターテイメント


ページ上部へ戻る