ソ・イングク1年ぶりに歌手活動再開・・・女優ク・ヘソンも楽曲提供

ソ・イングクのアルバムジャケット写真
ドラマ「応答せよ1997」「息子たち」「ラブレイン(愛の雨)」に出演し、去年は俳優としても大きく飛躍したソ・イングクが約1年ぶりに歌手活動を再開する。

ソ・イングクは11日にシングルアルバム「笑って泣いて(with laughter or with tears)」をリリースした。同曲は、アコースティックギターの悲しいメロディにR&Bのリズムが加わった切ないバラード曲で、プロモーションビデオには女優、画家などマルチな才能を発揮しているク・ヘソンが恋人役で出演している。また、同アルバムにはク・ヘソンが作詞作曲を手掛けた「幸せだっただろうか(Were We Happy)」も収録されており、ク・ヘソンのコーラスと共にソ・イングクが美しい旋律にのせて繊細に歌い上げている。

ソ・イングクは自身のme2dayにて「今日<笑って泣いて(with laughter or with tears)>の音源が公開されます。みなさんたくさん応援してください。」とコメントした。

ソ・イングクは11日のMnetの音楽番組「Mカウントダウン」でカムバックし、週末の地上波音楽番組(KBSの「ミュージックバンク」SBSの「人気歌謡」MBCの「Show!音楽中心」と金曜日、土曜日、日曜日の3日間)にも相次いで出演する予定だ。

写真:「笑って泣いて(with laughter or with tears)


ページ上部へ戻る