JYJ、「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome The Return of the JYJ」開催!

開演前ドーム外
キム・ジェジュン、パク・ユチョン、キム・ジュンスで構成された韓国一のアーティストグループJYJによる「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome The Return of the JYJ」が東京ドームで開催された。

2013年4月2日(火)コンサート初日となった東京ドームには、雨の中この日を待っていたファン約5万人が駆け付け、会場の最上階までびっしりと埋め尽くされた。ステージに3人が現れると大熱狂の歓声が包み、会場は真っ赤なペンライトの海となった。

JYJ写真②

オープニングには『Mission』で力強いパフォーマンスで幕を開けると会場のボルテージは一気に上昇した。2010年6月の東京ドーム公演から4年ぶり、24552時間という時間が経ち再びドームのステージに戻って来たJYJの3人。「おかえり~」というファンの声援にジェジュンは「やっと戻ってきました!」、ジュンスは「本当に会いたかった、最後まで熱い声援お願いします!」と言うと、ユチョンは「みんな元気~?」と大声で叫び「今まで長い時間待っていてくれてありがとう!」とファンへの感謝を伝えた。

今回の東京ドーム公演は『インヘブン』の楽曲など、POP、ロック、バラード、ヒップホップ、フリーPOP、ダンス、エレクトロニック、R&B、オクスティックバラードなどダンサーも交えダイナミックなステージを次々と展開。ジェジュンはソロアルバム『I』からカリスマ溢れる歌声を披露し、ジュンスはソロアルバム『Tarantallegra』から圧倒的なパフォーマンスを見せ、ユチョンは3年間待っていてくれたファンに対する感謝と躍動する春のときめく感じを込めた曲である自作曲『彼女と春を集める』を初披露しファンを酔わせた。

JYJ写真①

また日本語の曲もいくつか準備され、「日本でお帰りなさいと待ってくれる人がいっぱいいて、それ自体幸せです。」「歌やダンス以外に見た目は変わりましたか?変わってないってことでいいで。(笑)」と言うジェジュンは、中島美嘉の『GLAMOROUS SKY』を歌い伸びやかな高音を披露した。ジュンスは満員の客席を見て「ドームステージが決まった時に正直みんな来てくれるか心配でしたが安心しました。そしてもう1つ心配なのが僕の日本語。3時間どう生きるか…(会場笑)でも頑張ります!」「以前から好きな曲で伝えたかった気持ちが詰まっている曲です。」と絢香の『みんな空の下』を披露。ユチョンは「1人で広いステージにいると緊張しますね。」「久しぶりに日本の友人と飲んだのですが言葉を習いました。ここで言ってもいいですか?…いつ盛り上げるの?今でしょ!(会場大歓声)僕はギャグが似合わないですね。(照)」と、好きな曲という安全地帯『Friend』と福山雅治の『最愛』を優しい歌声で披露した。

後半にはアリーナをそれぞれトロッコに乗って歌いながら移動し、沢山のサインボールを会場に投げ入れファンにプレゼントした。また、圧倒的に女性ファンが多い会場のなか男性ファン達の「オォ~!」という声に「ひく~」と言ったり、「フライングゲット!」というギャグに加え、ジュンスのおやじギャグも炸裂し会場を大きく沸かせた。

また、4年前に歌った思い出の曲という徳永英明の『レイニーブルー』を3人の息の合ったハーモニーで披露し、「こんなに時間が経つとは思いませんでした。今、この時間が大事な瞬間です。皆さんからの愛を忘れずにもっともっと日本で頑張っていきます。」とジュンス。「デビューしてもう10年。今日、ドームのステージに立つ前に昔のツアーやラジオのことなどを思い出しました。日本の活動はこれからだと思います。」とユチョンが言うと、ジェジュンは「3人にとって長い時間でした。3人が怖がっていたのは他でもなく時間じゃないかな。僕達と皆さんの両方の信じる気持ちが合わないと長い時間待つのは無理かなと…。これからも皆さんの信頼にがっかりさせないようにもっともっと頑張っていきたいと思います。」とそれぞれ感慨深く語ると茨城で歌った曲でもあり、ファンに向けての曲という『落ち葉』を披露した。

アンコールでは公式の赤いペンライトが一斉にピンク色に変わり、ファンからの3人への嬉しいサプライズが行なわれた。それに応えるようにステージ狭し!と3人は全力でパフォーマンスし、会場一体となったステージを繰り広げ、ファンに感謝を込めて「みんなありがとう!」と、こぶしを挙げ、アーティストとしてより一層進化したJYJの姿を証明した感動の初日のステージを終えた。

JYJにとって日本は海外ではなく第2の故郷として、長い間活動した国でもあり日本の一番象徴的な所で再び公演するということに非常に大きい意味があり、この意義深い公演となった「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome The Return of the JYJ」は2013年4月2日(火)から4日(木)まで行なわれ、4日の最終日には全国の映画館へ同時生中継する予定となっている。

取材日:2013年4月2日(火)


ページ上部へ戻る