ソ・イングク、「優勝賞金はまだ使っていない」

ソ・イングクの写真

歌手ソ・イングクがMnetのオーディション番組「スーパースターK」で獲得した優勝賞金をまだ使っていないと告白し話題を呼んでいる。

21日に放送されたKBSのトークバラエティ番組「ハッピートゥゲザー3」に出演したソ・イングクは、デビューのきっかけとなったMnetのオーディション番組「スーパースターK」に出演した当時について語った。ソ・イングクは「まさか自分が1位になるとは思っていなかった。当時、オーディション参加者の間で、1位は既に誰かに決まっているという噂があったため、TOP10内に入れば芸能事務所が注目してくれるだろうと思って一生懸命頑張った」と明かした。

また「優勝賞金はまだ使っていない。優勝賞金は両親にすべてプレゼントしたのに、父が1,000万ウォン必要だった時に電話してきて僕に許可を求めるので<なぜ僕に聞くの?>と父に怒りながら言った。でも父は(お金を)使った後はまた使った分だけ通帳に戻しているのでもっと腹が立った」と親孝行なエピソードを披露した。

ソ・イングクはこの日放送された番組で、「男一人が生きる方法」というテーマに沿って一人暮らしで身につけた料理や掃除の仕方などを披露し注目を集めた。

写真:KBS「ハッピートゥゲザー3」


ページ上部へ戻る