カンタ、同僚BoA(ボア)のストレスを心配!「K-POPスター」審査員はやっぱり大変?

15日、歌手カンタが、YTNの「イシュー&ピープル」に出演し、同じ所属事務所の同僚BoA(ボア)のストレスについて語った。

カンタは「BoA(ボア)はSBS<K-POPスター>に審査員として出演しているが、SM(※S.M.ENTERTAINMENTの略。カンタやBoAの所属事務所)の代表として審査員を務めているのでプレッシャーはとても大きい。BoAが<とってもストレスに感じる>と言う時には、<BoA(ボア)のトレーニングを高く評価している人はたくさんいるよ>と言ったり<あまりプレッシャーに感じちゃダメだよ>と言って励ましている」と、BoA(ボア)の審査員としての悩みを明らかにした。

一方のカンタはMnetのオーディション番組「ボイス・オブ・コリア」のコーチを担当している。(※<ボイス・オブ・コリア>は、応募者の顔を隠し、声のみで歌の実力を評価するオーディション番組。優れた歌唱力の持ち主が多数出演し人気となっている)
これについてカンタは「オファーが来た当初は審査員の仕事をするには自分にはまだまだ早いと思ったが、<コーチ>という言葉に魅力を感じてオファーを受けることにした」と出演を決めた理由を語った。

写真:S.M.ENTERTAINMENTオフィシャル写真


ページ上部へ戻る