チョン・ジュノ 自ら演出のホワイトデーディナーショー大成功!

チョンジュノ写真1

「アイリス」「逆転の女王」を始め、数多くの作品に出演し日本でも大人気の俳優チョン・ジュノ。2012年末には主演映画であり、大ヒットシリーズ「家門の栄光」の第5弾である「家門の帰還」が公開され、観客動員数がシリーズ通算1800万人を超え、大きな話題となっている。また、韓国内外でのボランティア活動に積極的に取り組んでおり、東日本大震災の後、4月27日には福島県にかけつけ、炊き出しのボランティア活動をするなど、演技だけでなく、人間チョン・ジュノ自体のファンだと言う人が後を絶たない。
チョンジュノ写真2

さて、そんな多様な活動をしているチョン・ジュノは、ファンミーティングという枠を超え、2012年夏に日本初のディナーショーを開催。東京と大阪の両公演で大成功を収めた彼は、今年も開催してほしい!というファンの期待に応え、2013年はいつも応援してくれるファンへのプレゼントとして3月17日に東京品川プリンスホテルのプリンスホールにてホワイトデーディナーショー“White Day – White Love”を開催した。

チョンジュノ写真3

このディナーショーでは、ファンの間でも定評のある歌唱力で歌を6曲を披露し、ディナーショーの醍醐味である客席を練り歩きながらファンの近くを訪れる演出をしたほか、ファン自身が持参したカメラで、モデルとなったチョン・ジュノの撮影をファン自身が出来るフォトタイムなど、参加者と目一杯触れ合った。

チョンジュノ写真4

他にも、PSYの大ヒット曲「江南スタイル」の乗馬ダンスをファンと一緒に踊り会場の笑いを誘う場面も。そして、ファンからの声に応えて、参加者全員の握手とテーブルごとの記念写真撮影も有りファンの中にはあまりの本人との近さに感動のあまり泣き崩れてしまう一幕も。今回のディナーショーのコンセプトでも有る「ファンとの触れ合い」通り最終的にはステージ上に居る時間よりも客席の居る時間の方が長い演出となった。なんと今回の演出は、ファンと触れ合う一分一秒の時間を大事にしたいと考えたチョン・ジュノ自ら考えたものだった。

チョンジュノ写真5

公演終了後、本人自身も「約半年ぶりのディナーショーだったので、緊張しましたが皆さんと楽しい時間をご一緒出来てとても嬉しかったです!これからもファンの皆様の期待に応えられる様に頑張ります!」と語った。また、今回残念ながらご来場出来なかった方にも朗報が!ホワイトデーディナーショーを記念して会場で販売していた特別グッズがオフィシャル通販HP(下記参照)でも購入出来る事が決定した。ペンライト、プリントハンドタオル、ミニトートバッグ、文具セット(ノート+ペン)、イベントの写真セット10枚組と、素敵な記念になるグッズばかり!是非、この機会をお見逃しなく!更なる期待が増すばかりのチョン・ジュノに今後も目が離せない!

イベント情報詳細 http://ameblo.jp/dcp-ec/ 

主催 ㈱ダブルカルチャーパートナーズ
協力 Artist View、Happy Hawaii Japan
制作/運営 ㈱ダブルカルチャーパートナーズ


ページ上部へ戻る