SS501キム・ヒョンジュン(マンネ)、映画「俳優は俳優だ」でスクリーンデビュー

アイドルグループSS501のメンバー出身のキム・ヒョンジュン(マンネ)が映画「俳優は俳優だ」にキャスティングされた。

映画「俳優は俳優だ」は人気が急上昇した俳優が、再びどん底まで落ちてしまうことで繰り広げられるストーリーで、キム・ギドク監督がメガホンを取ることで期待が高まっている。

23日、キム・ヒョンジュンの所属事務所は「キム・ヒョンジュンはキム・ギドク監督が製作する映画<俳優は俳優だ>にキャスティングされ、映画に初挑戦する。先に出演が決定しているヤン・ドングン、ソ・ヨンヒ、MBLAQのイジュンなどと共演することとなった」と明らかにした。

キム・ヒョンジュンは今年KBSドラマ「輝ける彼女」とSBSプラス「あなたを愛しています」などの作品を通し、俳優としての活動範囲を広げてきた。またキム・ヒョンジュンは2枚目のソロアルバム「Escape」のリリース後、日本全国でライブを開催し、成功を収めている。

写真:「Escape」ジャケット写真




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません