タグ:大学路スポット

  • 鍵博物館(スェッテ・パンムルグァン)

    鍵博物館(スェッテ・パンムルグァン) 聞きなれない「スェッテ」とは、鍵を意味します。鍵博物館(スェッテ・パンムルグァン)は世界各国の個性的な鍵を展示している韓国唯一の博物館です。2003年9月、大学路(テハンノ)に開館…
  • 壽硯山房(スヨンサンバン)

    壽硯山房(スヨンサンバン) 「壽硯山房(スヨンサンバン)」は20世紀初頭の建築物で、ソウル市の民俗資料にも指定されている貴重な旧家。由緒ある史跡が点在する散策スポットとして近年注目を集めている城北洞(ソンブットン)エリ…
  • 駱山パブリックアート(ナクサン・ゴンゴンミスル)

    駱山パブリックアート(ナクサン・ゴンゴンミスル) 古くなった住宅と小さな工場が立ち並ぶ古びた東崇洞(トンスンドン)一帯が、2006年にパブリックアートのスポットとして生まれ変わりました。恵化(ヘファ)駅から駱山公園に至…
  • 駱山公園(ナクサン・コンウォン)

    駱山公園(ナクサン・コンウォン) 駱山公園は眺望が良く夜景や夕日の名所として知られている、総合公園です。それもそのはず、朝鮮王朝時代には両班(ヤンバン:朝鮮王朝時代の貴族階級)達が、夕日を眺めながら休憩していたスポット…
  • コットゥ博物館(コットゥ・パンムルグァン)

    コットゥ博物館(コットゥ・パンムルグァン) コットゥとは、亡くなった人と一緒に葬った像のこと。朝鮮時代の風習で、人物像をはじめ、動物や植物の像もあります。そんなコットゥをより多くの人に知ってもらおうと、2010年4月に…
  • オリジナル・ドローイングショー

    オリジナル・ドローイングショー/strong> ドローイングショーとは、2007年から始まった芸術公演。キムジンギュ芸術監督のもと、舞台上で絵が完成していく過程を目の前でみることができる世界初のドローイングショーです。…
  • マロニエ公園(マロニエ・コンウォン)

    マロニエ公園(マロニエ・コンウォン) マロニエ公園は、1975年にソウル大学キャンパスの移転にともない、跡地に作られました。マロニエの木がたくさんあることから名づけられたのですが、そのマロニエの木々は、もともとソウル大…
  • 大学路(テハンノ)

    大学路(テハンノ) 若い活気あふれる演劇の街として知られている大学路「(テハンノ)」。大学路とは本来、鐘路4街(チョンノサーガ)から恵化洞(ヘファドン)ロータリーに続く大通りを指します。大学路の起源は、ソウル大学がこの…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る
Translate »