”体重39kg認証ショット”のシン・ジス、「育児への慰めと共感が欲しかった」SNSで吐露しママから共感の嵐!

体重39kgの認証ショットで話題となった女優シン・ジスが「育児への慰めと共感を得たいと思った」という率直な心境を明らかにし、育児中のママたちからの共感を集めた。

シン・ジスは22日、自身のSNSを通して、「私の普段の体重は、37~8キロだった。いつも。いつからかです。私は背が小さいです153.5」と文章を始めた。

続いて「だから実際に見ると、痩せている方ではあるが、気持ち悪くないです。生活するのも大変でもないです。ダイエットもしていないし、する気もないです。とても忙しい最近、時間が出来たら、ご飯を少しゆっくり食べたい、寝たいです。特に1つを選ぶとしら、睡眠を選択します」とし、「映画館に行きたくないし、遊びたくもないです。皆さん経験されたでしょうが^^」と育児の大変さを表わした。

また「私は、子どもが生まれてから、トイレに行く時間を除いて、私の胸に私の腕から離れている時間がないほどです。まあ大体、状況を推測…?とにかく自慢ではなく、慰めと共感を得たいと思う気持ちで、育児コミュニケーションする最近なんですよ」と、SNSに写真やコメント文を掲載する理由について説明した。

これより前シン・ジスは、SNSを通して自身の体重を撮った認証ショットを掲載した。体重計は、39kgを示しており、「2年前の体重に戻る。昨年の体重に戻るには、来年にならなければならないだろう。63キロではない。注意」という文を載せ話題となっていた。

シン・ジスは、「出産後のダイエットは、とんでもない。ご飯だけでも暖かい時に、ゆったり座って食べたいと願う。食べてすぐに寝る私の怠惰が、とても懐かしい今日、いや毎日(笑)」、「『それが知りたい(※SBSの人気ドキュメンタリー番組)』も諦めた今夜は、すぐに起きる子供の寝息をチェックしながら」と伝えて、ママであれば誰もが経験するであろう、幸せながらも大変な育児の様子を感じさせた。

シン・ジスのSNSが育児の息抜きになっているという告白に、特に母親であるネットユーザーからは、「その気持ち分かります、頑張ってください」、「本当に共感します」など、シン・ジスに共感や応援するメッセージを寄せた。

1985年生まれのシン・ジスは、昨年11月に4歳年上の作曲家兼音楽プロデューサー、イ・ハイと結婚し、2018年5月に女の子を出産している。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »