KARAM(カラム)、2日間に渡る単独イベント初日の ファンミーティングが大盛り上がりで無事終了

KARAM(カラム)のファンミーティングが大盛りあがりのうちに無事に終了となった。
今回のファンミーティングは、7/26(木)〜7/30(月)にかけて俳優座劇場で上演されたミュージカル「GRIEF7」と、8/28(火)〜9/3(月)にかけて浅草六区 ゆめまち劇場にて上演されたミュージカル「マイ・バケットリスト」という、この夏にカラム が出演した2つのミュージカルの打ち上げファンミーティングというテーマで行なわれた。

公演は、初めに「GRIEF7」の劇中の歌を2曲披露しながらカラムが登場。続いて今回のスペシャルMCの藤原智己さんを迎え、2つのミュージカルの稽古中のオフショット写真や公演中のシーンを振り返った。
「GRIEF7」は少年隊の錦織一清氏が演出を手掛けた作品で、アメリカ・ロサンゼルス近郊を舞台にとある牢獄で出会った男たちのストーリー。カラムは主演で日本のトップアイドルグループのメンバー・リュウ役を演じた。
稽古中のキャストたちとの写真や、錦織さんの提案でみんなでバーベキューをした時の写真を見ながら、チームのみんなとは今でも連絡を取り合う仲だという事も語った。

本番の映像を見ながら、劇中でバスケットでシュートを決めるシーンを振り返り、稽古中は一度も成功したことがなかったにも関わらず、本番ではすべて成功するという驚きのエピソードも。

続く「マイ・バケットリスト」のコーナーでも、同じく初めに劇中の歌を披露したのちにオフショットを交えてトークを繰り広げた。その中で、これまでのグループ活動では”王子様”というイメージが強かった為にイメージがわかず、役作りでは日本独特の”不良少年”や”ヤンキー”の雰囲気を掴む為に日本のドラマや映画を観て勉強したという。

また、劇中の影像を振り返る時間では、生きるのがつらく、手首を切って飛び降りようとするシリアスなシーンを見て、そのシーンで実際に切っていなくても役に入り込むあまり本当に手首が痛くなるような感覚になったと、カングになりきった日々を振り返った。

MCと共に演技力を試すゲームコーナーでは、見事にカラムが勝ち、ファンへのフォトタイムの時間プレゼントとして、予定になかったフォトタイムを急遽追加するなど、見どころ満載のファンミーティングとなった。

終演後はCDお渡し会やサイン会でも、ひとりひとりとトークしたり、得意の日本語でコミュニケーションを楽しむ姿も見られた。

10/9(火)には、東京・シダックスカルチャーホールにて「カラム アコースティックLIVE&トーク」が開催され、今年6月に初めてリリースした自身初のソロ曲「Rise Up」を、初めてバンドと共にアコースティックver.で披露した。

<カラム アコースティックLIVE&トーク>
日程:2018年10月9日(火)
【昼公演】 14:30開場/15:00開演
【夜公演】 18:30開場/19:00開演
会場:シダックスカルチャーホール
チケット:全席指定 8,300円(税込)



▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »