SEVENTEENさいたまスーパーアリーナ史上初の単独5日間公演完遂!オフィシャルレポート

5月に待望の日本デビューを果たしたSEVENTEENが、デビュー後初となるコンサート「2018 SEVENTEEN CONCERT “IDEAL CUT”IN JAPAN」を、アジアツアーの一環としてさいたまスーパーアリーナにて開催。9月4日から6日までの3日間のチケットがファンクラブ先行でキャパシティをオーバーし、急遽決定した追加公演の8日と9日も完売。単独アーティストとしては初の5日間公演を成し遂げた。さらに8日と9日のお昼の時間帯には、同会場でファンミーティング「SEVENTEEN JAPAN FANMEETING “CARAT SUMMER CAMP”」も開催され、5日間で約12万人の観客を動員した。

SEVENTEENのコンサートで毎回話題になるのが、どこの席でも楽しめるように配慮されたステージ構成だ。2017年2月の日本ライブではムービングステージ、2017年7月のワールドツアーではセンターを貫く長い花道にメイン・センター・ダイヤモンドステージの3つを設置。今年2月のアリーナツアーでは、ど真ん中に360度回転する巨大センターステージを設置して観客を驚かせた。今回のコンサートでは、メインステージから伸びた花道から、アリーナ中央にSEVENTEENを象徴するダイヤモンド型のステージを配置し、そこからさらに両脇斜めに伸びるサブステージを2つ配置。その形を上空から見ると、ダイヤモンドが光を放っているようであり、はたまた宇宙船が地球上に降り立ったかのようにも見える。

暗くなった会場をパープルのレーザービームが包んでいくと、スクリーンには波状の模様がリズムに乗って動き出す。続いて4人、9人、13人と増えながらステージに現れたメンバーたち。BluetoothでコントロールされたCARAT棒(公式ペンライト)が一斉に青く光り、「Intro 新世界」でステージがスタート。ブラックのセットアップに金ラメをあしらった衣装の彼らは、まるで銀河の中に現れたヒーローのよう。そのまま一気に全員バージョンの「HIGHLIGHT」へ。もともとはパフォーマンスチームの楽曲を13人でパフォーマンスするとまったく新しい楽曲に生まれ変わる。ブルーとホワイトの光から一転、会場が真っ赤に染まると、「エ!ス!ブイ!ティ! サランヘ コマプタ」の大合唱の中「THANKS」を、ダンスブレイクを加えたリミックスバージョンで披露した。

VCRを挟んで、メインステージにブラック&ホワイトの衣装でホシがバックダンサーを引き連れて登場。そこにウジも加わって「BRING IT」へ。揃って銀色に髪を染めた2人が銃を撃つしぐさをしたり、大きく手を広げてステップを踏み、叫ぶような迫力満点のボーカルを見せると、声を上げることすら忘れて見入ってしまう観客たち。続いてはエスクプス、ジョンハン、ウォヌ、ディエイト、スングァン、ディノの6人による「FLOWER」。切なさ全開の楽曲を、男性美とセクシーなパフォーマンスで表現して大歓声が。続いては、真ん中のダイヤモンドステージに9人、両サイドの花道に2人ずつが散らばって、ステッキを使ったパフォーマンスがシックでカッコイイ「NO F.U.N」へ。ビートを刻むたびにCARAT棒の光も点滅。最後は9人が集まって決めポーズをすると拍手が鳴りやまなかった。このように、ミックスユニットでも最高のパフォーマンスを見せてくれるのが“自主制作アーティスト”SEVENTEENならではだ。

ここでメンバーの挨拶。「こんばんはエスクプスです。今日皆さんに会いたくて髪を切ってきました~」「メインボーカル、イケメン、スングァンです。今日も最後まで楽しく遊びましょう」と順番に自己紹介すると、たホシは「王子様、王子様」とコールをあおりながらダイヤモンドステージの中央へ。「今何時?」「10時10分」とお馴染みのコールアンドレスポンスで盛り上げた。続いては、今日の会場のエネルギーチェックとのことで、ジョンハンにその役目が与えられると「こういうの僕がヘタなの知ってますよね」と苦笑しつつ「セイ!ホー!」と叫んだところ、よほど恥ずかしかったのか自分で笑いだし、最後は「すみません」と舞台袖に逃げ出すと、客席からは「かわいい~」と歓声が。ここでスングァンが見本を見せることになり「これにはヒップホップの雰囲気が必要なんですよ。セイ!ホー!セイ!アンパンマン!セイ!イケメン」と爆笑のコールを。

すべてを書ききれないほど楽しいトークに続いて、ホシが今回のツアーの掛け声を客席に指南。指をピストルのようにV字にして「IDEAL」とすると、「CUT」と言いながら2本指でハートを作るというもので、ジョンハンが「CARAT(SEVENTEENのファン)とSEVENTEENが出会って一緒に楽しく遊ぶという意味です」と補足説明した。そんな賑やかなトークの間にステージにはいつの間にかスタンドマイクが。するとホシは「あのスタンドマイクはなんだと思いますか?次のステージと関係があるんじゃないかな」と。続いてディノの「では、さっきの掛け声で次のステージにいってみましょう」との合図で、観客は「IDEAL CUT!!」の大歓声。そのまま疾走感あふれる前向きソング「Run to You」のステージへ。続いては「BEAUTIFUL」で、「レッツゴー」の掛け声とともに花道を移動し、観客に向かって手を振ったり、ハートを作ったりとコミュニケーションをとった。続いて、ダイヤモンドステージに現れたウジが「みなさん、この曲知っていますか?」と叫ぶと、両サイドのステージの上手にはエスクプス、下手にはホシが登場し、Seventeenリーダーズによる「CHANGE UP」へ。ウジのボーカルにエスクプスとホシが「Yeah! Yeah!」と合いの手を入れて、グルーヴ感満載のステージとなった。

ここからはユニットステージに突入。1番手はヒップホップチーム。メインステージに高くせりあがったバーノン。その下には赤いテーブルクロスが敷かれた長テーブルが置かれ、「最後の晩餐」のような世界観に包まれながら「言行一致」へ。彫刻が映し出されたスクリーンの前でシャウトするバーノン、ワイングラスを持ったミンギュは乾杯ポーズの後、テーブルに置かれたCDを乱暴に投げつけ、エスクプスはテーブルの上をズカズカと歩き、ウォヌはテーブルの上でポージングしながら自分のパートを演出した。2曲目はまだCD化されていない未発表曲。挑発的な歌詞のラップを叫びながら花道を移動し、観客をあおるようなジェスチャーを。エスクプスが「叫べ―」とおたけび、4人が一列になってエンディングポーズを決めると、ワル感満載のステージに息をするのを忘れていた観客からは大きなため息が漏れた。

2番手は、ベージュとホワイトの衣装でボーカルチームが登場。メインステージにドギョム、ジョシュア、ウジ、サブステージ上手にジョンハン、下手にスングァンといった配置で、観客と目を合わせながらファルセットを効かせた甘い歌声で「20-Japanese ver.-」を。2曲目は「Pinwheel」。メンバーが左右に手を揺らすと、オレンジのCARAT棒も左右に揺れ、まるでキャンドルの光のように会場を照らす。いつの間にかダイヤモンドステージに集まった5人は外向きに円を描いて立ち、左右に揺れるキャンドルの光を愛しそうに見つめた。

最後はパフォーマンスチーム。4つのセリに横たわって現れたかと思うと、立ち上がるなり「遊びましょう~」と軽やかなステップで「Swimming Fool」がスタート。カラフルな衣装で、まるで水中で遊んでいるかのように楽しそうな笑顔を浮かべる4人。サビでは「みなさん一緒に~」の掛け声で、「ノエゲパジョッソ~(君に堕ちて)」の大合唱。2曲目は「Hey! Hey!」と声を挙げながらダイヤモンドステージに移動しての「JAM JAM」へ。火柱が上がる中、情熱的なパフォーマンスと、ラストはひとりひとり順番のフリーダンスで盛り上がった。

衣装替えの間のVCRでは、ミニチュアになったSEVENTEENのメンバー“通称ボンボンイ(ミンギュ考案のキャラクター)”が遊んでいる様子が映し出され、あまりのキュートさに黄色い歓声が。すると、ステージにはVCRと同じ姿の13人が登場し「CARATちゃん、僕たちはボンボンイです」と挨拶。エスクプスがリーダーの旗、ジョンハンが天使の羽とミルク、ジョシュアがギター、ジュンが猫のぬいぐるみ、ホシが王子の衣装、ウォヌがゲーム機、ウジが白米のお茶碗、ディエイトがカメラ、ミンギュがMCのマイク、ドギョムが拡声器、スングァンがオレンジの入ったバスケット、バーノンがヘッドフォン、ディノが“マンネ(末っ子)オントップ”と書かれたタスキ…と、それぞれが自分のトレードマークの小物を身につけて「Thinkin’ about you」へ。1列に連なってダイヤモンドステージを13人がぐるぐると回っての楽しいステージが終わると、ジュン、ミンギュ、ドギョムがステージに残り、そのまま「Hello」へ。バラの花を持った3人は甘い歌声のハーモニーで酔わせると、ラストはバラを客席にプレゼント。続いてはジョシュアとバーノンの米国出身コンビがバックダンサーを従えて、ポップでスウィートな楽曲「ROCKET」を。ダンスブレイクでは、じゃんけんで負けたほうがフリーダンスをするという仕掛けもあり、この日は負けたバーノンがジャケットを脱いでクルクルと回転してみせた。2人がメインステージに戻ると、いつのまにかソファーが登場。もちろん続いての曲は「Pretty U」。ボンボンイの扮装でわきゃわきゃと踊る彼らは、まるでおもちゃの家の中で遊んでいるかのようにキュートだった.

VCRを挟んで、ブルーのサテンシャツに黒いパンツの衣装でダイヤモンドステージに全員が登場すると、ここからは一気に迫力満点で一糸乱れぬダンスステージの連続。ライブの定番曲「Shining Diamond」と「Adore U」を披露した後は、韓国で7月にリリースしたミニ5thアルバム「YOU MAKE MY DAY」からの新曲「Oh My!」を日本で初披露し、大いに盛り上がった。
激しいダンス曲を連続で情熱たっぷりに踊った後、息を切らしたり、床に寝そべったりと、さすがに疲れた様子を見せるメンバーたち。それでも「僕たちは大丈夫です。全然疲れていません」と笑顔のウォヌ。ホシは「CARATちゃんと一緒なら、夜通しやってみたいです」と発言し「こっちとこっち(ステージの左右)の声が大きいほうに僕が行きます」と、歓声を促すと、歓声の大きさが甲乙つけがたかったようで「どちらにも行けません。だから分身の術を使います」と。するとあうんの呼吸でエスクプス、ドギョム、ジョンハンが飛び出し、一斉に4つに分身する技を見せた。さらにホシとドギョムは「NARUTO」の螺旋丸のポーズも披露。続いてスングァン、ホシ、ディエイト、ドギョム、ディノがバブリーダンスを踊り出し、とにかくハイテンションのメンバーたち。ここでジョシュアが「マジックも準備しました。僕はCARAT棒の色を変えることができるんです。それをウォヌさんに教えてあげたので、やってください」と発言すると、ウォヌが「さいたま~、さいたま~」の呪文に合わせてセクシーダンスを踊り、ライトは一斉にパープルに変わった。すると「次はジョンハンさんとジョシュアさんがお尻でセクシーダンス対決して、勝ったほうが選んだ色のライトに変わる」「バーノンが5回でんぐり返しをして思い切り息を吸い込んだらライトが消える」などと、Bluetoothペンライトを使った無茶ぶりマジックコーナーは大いに盛り上がった。最終日とあって、特にハイテンションだったホシは、スングァンに何度も「いい加減にしなさい」と制止される始末。ラストの曲はもちろん日本デビュー曲の「CALL CALL CALL!」。自転車をこぐ振り付けでメンバーたちがステージを疾走すると会場の興奮はマックスに達した。

「SEVENTEEN!SEVENTEEN!」とアンコールを求める歓声が上がると、スクリーンには「THE SCENE」といったタイトルで「成長」「自主制作アーティスト」「STAGE」「CARAT」「IDEAL CUT」というテーマに沿ったインタビューが流された。スングァンが「僕らの曲が増えて、披露できない曲があることが不思議です。最初は曲があまりなかったのに」エスクプスが「自主制作は負担感もある分、達成感もある」ジョンハンは「練習生のときにやめたいと言ったことがあるけど、コンサートをしたらとても楽しかった」ホシは「好きな子の前ではかっこい姿を見せたいじゃないですか。CARATの前ではそんな気持ちになります」ディノ「最近、長くやりたいという気持ちになるのですが、ただ進むのではなく、各自が成長しながら偉大なチームになってコンサートができたら光栄なことだと思います」と、それぞれが心に残る言葉を残した。
アンコールでは、コンサートTシャツと自分の名前入りのタオルを持って登場し「Love Letter- Japanese.ver.-」を。センターのウジは1人で、残りのメンバーは2人1組で腰かけ、一緒に身体を揺らしたり、膝枕をしたり、お互いにいたずらし合ったりと、仲良しぶりが伝わって和やかなムードに。

続いて、全員が順番にツアーの感想を。

ディノ「僕は3日前から日本語で感想を言いましたが、今日は最後だから続けて文章で言ってみたいと思います。うわべではなく心で表現して、視線だけではなく心を奪って、一瞬の楽しみではなく大きな感動を与えるアーティストになれるように頑張ります」

バーノン「全身全力でのどが枯れるまで本当に一生懸命にやりましたが、楽しんでいただけたかわからないです。時間を作って来てくださって、ありがとうございました」

スングァン「感動の連続でした。歌手活動をしながら感じる感動の中でも、記憶に残るものでした。皆さんのおかげで僕らの家族がコンサートを見に来たんです。皆さんの愛がなければ、来られなかったと思います」

ドギョム「次に来るときには、もっといい姿で皆さんと一緒にしたいと思います。だから今日来てくださった皆さん全員が必ず次も来てくださいね。そして両親に伝えたいです。(韓国語で)お母さん、お父さん、いつも愛してるよ」

ミンギュ「みなさんのために準備しました(手紙を取り出して)少し疲れましたが、みなさんのおかげで頑張れたし、幸せでした。僕はみなさんと会いたくなると思います。この幸せな思い出を胸に一緒に我慢しましょうね。今日もおやすミンギュ~」

ディエイト「5日間、夢のようでした。僕がいつも最後に行っている言葉がありますね。ライトを消してみなさんのCARAT棒が見たいです。(照明が消えて光る様子を見ながら)この光景が夢に出てきそうです。だから僕ら夢で会いましょう」

ウジ「僕は昨日、人々が出会うことは運命だと話して、SEVENTEENとCARATも運命だと話しました。だから今日が終わっても、また絶対に会えると思います。それまで健康でいてください」

ウォヌ「最後だから、メンバーたちもより力を出して、エネルギーを送ろうと頑張ったようです。このエネルギーを持ち帰って、これから幸せなことだけ続いたらいいと思います」

ホシ「皆さん1人1人を見ようと努力しました。僕は視力がよくて2階も3階もよく見えます。記憶力が良くて顔も覚えています。あ、笑いをとろうとしたのにウケなかったですね(笑)。ステージをしながら考えました『ステージで、このまま死にたい』って」

ジュン「僕のホシが言ったことに賛同します。昔、憧れの俳優の先輩から聞いた言葉ですが『俳優にとって、死ぬ寸前まで演技することは幸せなことだ』と。僕にとっては歌手として、死ぬ寸前までステージで歌うことが幸せなことだと思います」

ジョシュア「僕らがつらい時に、みなさんがたくさん助けてくれるようです。みなさんの愛のおかげで、つらさを克服しているような気がします。僕も皆さんにそんな力を与えられる存在になれたらうれしいです。(日本語で)誰よりも幸せにしたい」

ジョンハン「5日間、この景色を見て、まるで星を見ているようでした。とても幸せで、皆さんも幸せを感じてくださっていたら僕も幸せです。次に来るまでに、一人も病気にならずに健康でいてください」

エスクプス「皆さんのおかげで、5日間とても幸せでした。このように幸せという単語を教えてくれたCARATたちに感謝します。次に来るときまで待ってくれますよね。待つしかないですよね。僕らSEVENTEENが一番かっこいいから」

最後にエスクプスがスタッフに感謝の言葉を述べ、一緒にステージを作った日本人ダンサーチームをステージに呼び込むと、スングァンが感想を求め、代表者のひとりが「ダンサーも応援してくれてありがとうございます。SEVENTEENのみなさん、とても礼儀正しくて、こんな若いのに。すごい皆さん」と大絶賛。会場はほっこりしたムードに包まれた。

そして、スングァンの「とにかくこんな時間がヒーリングですね」というコメントから「Healing」を、日本と韓国語を交えたバージョンで披露。そして締めくくりはノリノリの「VERY NICE」。ステージのあちこちに散らばって、観客と一緒にジャンプしたかと思うと、サビでは一気にメンバーが集まってキレキレのダンスを。曲が止んで、メインステージに「ありがとうございます」「楽しかったです」と挨拶をしながらはけていったメンバーたち。が、再び曲がかかると「アジュ(とても)ナイス!!」と戻るサプライズを、通常は2回、最終日はなんと4回も繰り返し、最後は花火とともに金銀のテープが舞い散って、レインボーカラーに染まったCARAT棒の光の渦で締めくくった。

今年2月に韓国でリリースしたスペシャルアルバム「DIRECTOR’S CUT」の楽曲が多数披露された今回のツアー。これまでのツアーで何度か披露してきたヒット曲はあえてセットリストから外し、音楽番組では見ることができないレアなステージを準備したことは、多忙なスケジュールをこなす彼らにとって簡単なことではなかったはずだ。さらに定番曲は、ほぼリミックスバージョンで披露し、ツアーのたびに新しい仕掛けをしてくる向上心には驚かされるばかり。1秒たりとも目を離せないほど濃厚な全25曲3時間のステージはあっという間に終わり、観客は大満足で帰途についた。豊かな才能に加えて、たゆまぬ努力を惜しまないSEVENTEEN。果たして次はどんな姿を見せてくれるのかが楽しみでならない。

写真 ©PLEDIS

SET LIST
Intro.新世界
1. HIGHLIGHT
2. THANKS
3. BRING IT
4. FLOWER
5. NO F.U.N
6. Run to You
7. BEAUTIFUL
8. CHANGE UP
9. 言語一致
10. ※未発表曲
11. 20 -Japanese ver.-
12. Pinwheel
13. Swimming Fool
14. JAM JAM
15. Thinkin’ about you
16. Hello
17. ROCKET
18. Pretty U
19. Shining Diamond
20. Adore U
21. Oh My!
22. CALL CALL CALL!
-Encore-
23. Love Letter -Japanese ver.-
24. Healing -Japanese & Korean Ver.-
25. VERY NICE



▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »