【取材レポ】ジェジュン(JYJ)「幸せを与えられるような空間に」cafe de KAVE事業説明会で経営者として挨拶

cafe de KAVEはキム・ジェジュン(JYJ)が運営し、昨年渋谷にオープン。お洒落な雰囲気で誰でも気軽に立ち寄れる空間であり、様々なメニューやデザートを提供しており、ジェジュンのファンの方はもちろん、渋谷の若者たちにも話題となるカフェに成長した。オープンから1年が経過し、8月31日(金)都内で事業説明会が開催された。

説明会冒頭、黒いスーツで爽やかに登壇したジェジュンは、「これからどんな形で、どんな品質のものを出して、KAVE MALLにいらっしゃる方に、どうやってもっと楽しい空間になるような、幸せを与えられるような空間にさせようかと進めてきたのですが、1年になって嬉しい気持ちをやっとここでみなさまに伝えることが出来て凄く嬉しいと思います。よろしくお願いします。」と挨拶した。

先に韓国でカフェを始めて、美味しいものを食べたり、美味しい飲み物を飲んだりするだけでも十分幸せな瞬間や思い出を作れると思う。日本で待ってくれる方々と、その気持ちを一緒に共有できるといいんじゃないかという思いから日本でKAVE MALLを作ることになったという。

事業説明会といういつもとは違う雰囲気に「コンサートより緊張してます」と少々緊張気味のジェジュンは、客席側の椅子に座り来場者と一緒に説明会を聞き入った。

説明会ではKAVEだけのコンセプトやこだわりの注目ポイントを司会者が説明。店舗のインテリアはピンクやブルーなどパステルトーンで構成し、無添加化粧品などのコスメも取り扱うなど、気軽に立ち寄れる女性に嬉しい店舗作りを目指すという。

説明会の後に、ジェジュンが再びステージに登壇し司会者とトークへ。

まずは「今の場所(渋谷)は凄くいい場所で、完成度の高い店舗になりました。一人じゃ出来なかったと思う。KAVE全てのスタッフのみんなが凄く一生懸命頑張ってくれて一周年が迎えられたと思います。」と、1年を迎え、あらためてスタッフに感謝した。

KAVE CAFEの事業を始めたきっかけについて
「韓国でカフェをやっていて、そこはちょっと小さい規模です。海外のファンのみなさんが韓国に来たときに、ちょっと休める場所が特になかったので、作ったらいいんじゃないかなと作りました。それを日本にも持って来たんですけど、渋谷は観光地なので、外国の方々も自然に入ってきて、食べたりするところを見て、そこからメニューを増やしたり作ったりしたんです。」

KAVEのマインドについて
「世の中で売れているものを真似してレベルアップさせるというのは、KAVEとはちょっと合わないのかなと。ミーティングをして、どういうものがいいか研究して作って、もちろん失敗もありますけど、KAVEだけの独特なものを完成させていくのがKAVEのマインドなんじゃないかなと思います。」

「食べて美味しいのも大事だが、写真が撮りたくなる、見た目も凄く大事だと思って、ドリンクメニューだとしたら、僕のイニシャルのJJとか入れたりするとファンのみなさんが喜んでくださるのもいいのですが、一般の方々にも向けてもっと金の粉とか付けたり、見た目的なビジュアルも凄く大事にしてます。」また、メニューに関しても、料理好きのジェジュン自身が自分で食べて美味しくないと思うものは外してもらうという徹底ぶり。

メニューの中でおススメは?と聞かれると、「個人的には、サムギョプサルパスタじゃないかなと思います。」と答え周りからも好評という。さらに「基本的におすすめしたいのはケーキ。鮮度が大事なので数が多くなく、カフェが終わる前に全部なくなってしまうんです。」と、実は甘いものがあまり好きではないというジェジュンだが「甘いものがあまり好きじゃないのに、甘いものを作って食べちゃうというのも凄いですね(笑)本当に美味しくなかったら食べないです。でも美味しいんですよ。」とデザートメニューにも自信を見せた

フランチャイズ事業のコンセプトについて
「身体の中に入れる者や体に塗るものって、一番大事だと思います。良い品質の食べ物、飲み物そして化粧品など、時間を凄くかけて用意して完成度の高いもの作って、KAVE CAFEに行くと、食べて飲んで、健康のことも考えながら精神的に幸せになる。そして良い物を自分の顔に使って美しさも満足感も持てるような空間にさせたいという希望があるんです。」と熱く語り「綺麗になりましょう!」と少々恥ずかしそうに呼びかけた。
また、「商品がどんなに良くても店に入りたくなるインテリアになってないとだめだと思うので」と照明も全て自分で選びこだわっていると言うインテリアにも注目とのこと。

今後の目標について
「今日の事業説明会ですが、僕の本業として、アーティストジェジュンとしてもっと頑張っていきたいなと。ここでは社長と呼ばれていますけど、ソロとしては日本でデビューしたばかりなんですよ。(笑)なのでアーティストとして頑張っていきたいなと思いますし、頑張りながらもみなさんの健康と、楽しめて幸せになれるようなプレイスをもっと広げていきたいなと思いますし、フランチャイズを広げるのも大事だと思いますけど、1店舗1店舗の管理がどれだけ上手くいけるかというのも大事だと思って、せっかく店舗を出したのに、ストレスになってはダメじゃないですか、そういう管理の面でもちゃんと出来るようにKAVEのスタッフのみんなと一生懸命頑張っていけたらと思います。」

最後は「これからどういうお店になるか僕も楽しみにしていますし、お客さんが欲しがる美味しい物と綺麗な形のメニューがどんどん増えていくと思うので、みなさんと力を合わせて、もっと素晴らしいみんなの満足できるようなKAVEにさせていきたいと思います。今日はありがとうございました。」と来場者に感謝し、会場をあとにした。

オープンから1年が経ち、次が新大久保店も既に決定しており、その後は、横浜店、大阪店、そして海外は中華圏を予定していると発表されたcafe de KAVE。今後、どんなこだわりのメニューや店舗がオープンするのか大いに期待したい。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »