防弾少年団(BTS)、AKB48プロデューサー秋元康とのコラボ中止へ!BirdからIDOLへ変更を発表

防弾少年団(BTS)
防弾少年団(BTS)がAKB48の総合プロデューサーである秋元康とのコラボレーションを中止することを発表した。

BTS

写真:Big Hitエンターテインメント

防弾少年団の所属事務所であるBig Hitエンターテインメントは16日、防弾少年団の公式サイトを通じて「11月発売予定の日本シングルの収録曲が制作上の理由から、以下のように変更になります。ご迷惑をおかけして申し訳ございません」と発表した。

これにより、タイトル曲として決定していた「Bird」の収録はなくなり、「IDOL」のリミックスバージョンが収録されることになった。

AKB48の総合プロデューサーである秋元康は、11月7日に日本で発売される防弾少年団のニューシングル「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」のタイトル曲「Bird」を作詞、防弾少年団とのコラボが発表されていた。

しかし、防弾少年団のファンは秋元康は、右翼の性向を持っており、女性蔑視疑惑もあるとして防弾少年団とのコラボ中止を強く要求した。

これを受け、15日には、Big Hitエンターテインメントは「ファンの皆さんの懸念を十分に認知し、議論中だ」という公式の立場を示した。
そしてその翌日である16日に「Bird」の日本シングルへの収録を取り消したことを電撃発表、秋元康とのコラボを最終的に撤回、ファンの要求を受け入れた形となった。

「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」詳細を見る>>




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »