「人生酒場」SISTAR出身ヒョリン、お腹にタトゥーをした理由について語る

写真:tvN「人生酒場」

SISTAR(シスター)出身のヒョリンがお腹にタトゥーをした理由を明らかにした。

8月9日に韓国で放送されたtvNの「人生酒場」に、お笑い芸人ソン・ウニ、アン・ヨンミ、SISTAR(シスター)出身ヒョリンが出演しトークを繰り広げた。

写真:tvN「人生酒場」

番組でヒョリンは、「お腹に大きな傷があってカバータトゥーをした。2回の手術で傷跡ができた。その傷が私の最大コンプレックスだった」と口を開いた。

SISTAR(シスター)活動の序盤には、他のメンバーと違ってタンクトップを着ずに活動していたが、その理由は、お腹に大きな傷があったからだという。

ヒョリンは、「腹水がある状態で生まれ、生まれてすぐにインキュベーターに入っており、小児がんの判定を受けた。その手術を無事にして退院をしたが、1年後に腸重畳症で再び手術を受けた」と明かし共演者を驚かせた。

またヒョリンは、「傷形を隠すのはどうかなと思い、十字架の形のタトゥーをした」と打ち明けた。そして「(タトゥーを)してみたら、コンプレックスがなくなった。自信がちょっとでた。その前は委縮していた」とした。

ヒョリンは同じ病気を持つファンたちの希望となっているとし、「胆道閉鎖症という病気を持つ子供の両親が『ヒョリさんを見ると元気になる』とメールをたくさん送ってくれる」と述べた。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »