D.O.(EXO)のインタビュー満載 韓国映画『7号室』メイキング映像

人生の岐路に立たされた、男二人の駆け引きを描き、D.O.(EXO)とシン・ハギュン共演で話題となった映画『7号室』が、いよいよ8月4日(土)よりシネマート新宿ほかにて全国公開となる。

現在、本作で初共演を果たした、日本で大人気のD.O.と実力派俳優シン・ハギュン、そしてイ・ヨンスン監督のインタビュー含む、メイキング映像が公開中だ。

潰れかけの個室DVD店で事件勃発。7号室の扉を開けたいバイトと、開けたくない社長、今人生を賭けた壮絶な戦いが幕を開けるー。本作は、D.Oとシン・ハギュンという、タイプの異なる二大スターが夢のコラボを果たし、限定された空間で起こる手に汗握る究極の心理戦を描いたシチュエーション・サスペンス。

絶大な人気を誇る次世代グループ“EXO”のメンバーであり、俳優としても映画・ドラマ出演のオファーが絶えないD.O.は、本作でトップアイドルの殻を脱ぎ捨て、タトゥーや喫煙シーンもいとわない“新生D.O.”へと変身、ミュージシャンになる夢を追いかけながらも影のある等身大の青年を見事に体現。そして『悪女 AKUJO』『高地戦』などで“演技の神”と称されるシン・ハギュンは、赤字続きで窮地に立たされた個室DVD店オーナーを独特のオーラで演じ、観客を虜にする。

メイキング映像は、俳優や監督のインタビューから本作の魅力に迫る内容で、イ・ヨンスン監督は「絶体絶命の状況で、救済策を探す人々の話を描きたかった」と語る。そして、これまで映画『純情』や『あの日、兄貴が灯した光』など、トップアイドルでありながら、俳優として様々な役柄を演じてきたD.O.は本作を「初めて挑戦するジャンル」と話し、一度は共演したかったという大先輩俳優シン・ハギュンとの初共演を「とてもリードしてくださる先輩です」と振り返りながら、学費の返済のためにバイトをする大学生を繊細な演技で体現。イ・ヨンスン監督もD.O.のその演技を「希望の見えない若者をうまく表現してくれる、目がどこを向いているのか分からない。影のようなものを感じます」と絶賛。

さらに「俳優たちが自ら意見を出して調整していった。台本よりもずっと生きた演技を見せてくれた」と監督が語る俳優たちのアンサンブルの良さは、現場での様子や、撮影裏でのD.O.をはじめとする俳優たちのにこやかな表情からも感じ取れる。
シン・ハギュンも「完成度の高い新しい映画」と自信をみせる本作、ぜひスクリーンでお見逃しなく。

また、公開初日から週末3週連続で、シネマート新宿、シネマート心斎橋にて入場者プレゼントが決定!色々なD.O.の表情が楽しめる特製カレンダーPOPやD.O.こだわりのタトゥーの言葉が入った特製うちわなどファンには嬉しい限定プレゼントとなっている。(数量限定のため無くなり次第終了)

★1週目 8月4日(土)5日(日)/『7号室』特製カレンダーPOP

★2週目 8月11日(土)12日(日)/『7号室』特製うちわ

★3週目 8月18日(土)19日(日)/『7号室』ポスター(A3サイズ)

パンドラの扉の先にある、男たちの未来とはー
ドゥシク(シン・ハギュン)が経営する個室DVD店は、赤字続きで倒産寸前。給料を滞納されているアルバイト店員テジョン(D.O.)は、多額の報酬を支払うという麻薬密売人の話に乗り、預かったブツを店内の「7号室」に隠す。そんななか、早急に店を売却したいドゥシクは、アルバイトを増やして大繁盛を装う。その甲斐あって売買契約を希望する相手が現れるが、新人バイトが店内で不慮の事故で死んでしまう。パニックに陥ったドゥシクは死体を「7号室」に隠し、誰も開けられないようドアを施錠。密売人との約束で麻薬を取りに戻ったテジョンは、隠し場所に入れず大ピンチ!“秘密の小部屋”をめぐり、運命をかけた壮絶な攻防戦に突入する──
『7号室』
監督/脚本:イ・ヨンスン
出演:
D.O.(EXO)『あの日、兄貴が灯した光』『純情』 
シン・ハギュン『高地戦』『悪女 AKUJO』
(c)2018 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
配給:ツイン  
8月4日(土)よりシネマート新宿ほか、全国順次ロードショー



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »