防弾少年団の所属事務所BIGHITエンターテインメント、CJ ENMと合弁エンターテイメント会社を設立へ!

防弾少年団の所属事務所であるBIGHITエンターテインメントが、CJのグループ会社CJ ENMと合弁エンターテイメント会社を設立する。

7月31日、韓国メディアは、「BIGHITエンターテインメントとCJ ENMの両社が、それぞれの株式52%と48%を保有する資本金70億ウォンの合弁会社設立のための企業結合申告書を公正取引委員会に提出した」と伝えた。この合弁会社は、企業審査を経て、詳細を議論した後、早ければ今月にも発足を目指している。

両社は、Mnet「プロデュース101」と「SUPER STAR K」などのオーディション番組を製作したCJ ENMのコンテンツ制作能力とグローバルネットワークとビルボード1位となったグループ防弾少年団を輩出したプロデュースシステムを合わせ、韓流を導く様々なアーティストを育成することをビジョンに掲げている。

この合弁会社が発足すれば、世界各地の隠れた実力者を見つけ成長させるグローバルオーディション番組制作の企画構想も実現する可能性が高い。

BIGHITエンターテインメントとCJのグループのタッグにより、SM、YG、JYPエンターテイメントという韓国の3大強豪エンターテイメントによる芸能界の構図にも大きな変動が起こるものと予想されている。

一方CJ ENMは、先月にもNU’EST(ニューイースト)、AFTERSCHOOL(アフタースクール)などが所属するPledisエンターテイメントの株式51%の買収推進のための了解覚書を締結した。昨年末には、Dynamic Duo(ダイナミックデュオ)やPRIMARY(プライマリー)などが所属しているAmoeba Cultureの株式を取得して子会社に編入させており、積極的な展開を見せている。




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »