韓国でのワンマンライブは常に1分で完売!実力派K-POPガールズグループMAMAMOOが遂に日本デビュー!

韓国で同世代女性を中心に圧倒的人気を誇るガールズグループ・MAMAMOO(ママム)が、10月3日リリースの1stシングル「Décalcomanie -Japanese ver.-」で、ビクターエンタテインメントより日本デビューすることが決定した。日本デビュー曲となる「Décalcomanie -Japanese ver.-」は、彼女たちの代表曲「Décalcomanie」を日本語バージョンで新たにレコーディングしたもので、YouTube上では既に再生回数3,000万回を突破する大人気曲だ。

MAMAMOOは、ソラ(Solar)・ムンビョル(Moon Byul)・フィイン(Whee In)・ファサ(Hwa Sa)から成る4人組ガールズグループ。彼女達を発掘したのは、所属事務所Rainbow Bridge World代表のキム・ドフン氏で、これまでBTSの「Blood Sweat & Tear」、CNBLUEの「Loner」、「SoYou」、 JunggiGoの「Some」などの作曲も手掛けてきたK-POP界を率いる作曲家でもある。グループ名の由来は、「世界中のどこでも、生まれた赤ん坊が一番初めに覚え話すという共用語‘ママ (MAMA)’のように、全世界の全ての人たちに親しまれる音楽を披露したい」という意味で‘ママム(MAMAMOO)’となったとの事。

MAMAMOOは2014年に韓国デビューを果たして以来、数々の表彰歴やチャートの1位を記録し続けている。例えば、“第4回Gaon Chart K-POP Award”や “Asia Artist Awards”、“Melon Music Awards”など、これまで12個にも及ぶ賞を受賞。また、このような表彰歴の他にも、音楽番組チャートでも驚異の成績を収めており、SBS「人気歌謡」、「MTV THE SHOW」、MBC「MUSIC Show Champion」、「SHOW!音楽中心」、M-net「M Countdown」、KBS「Music Bank K-Chart」、など数々の音楽番組で1位を記録。また、「音楽配信チャート」においても、2014年2月リリースの「Peppermint Chocolate」から2018年4月リリースの「Don’t 」までの全17曲で、「Melon」, 「Naver Music」、「olleh Music」、「Mnet Music」、「Genie Music」、「Bugs Music」、「Soribada」など主要音楽チャートで軒並み1位を獲得、という圧倒的な経歴を持つ。

そして、何と言っても彼女たちの最大の魅力は並外れた歌唱力である。その象徴とも言えるコンサートは、チケットを発売するや否やたちまち1分で完売。2016年ソウルオリンピック公園 オリンピックホールコンサート(1万4千人動員)、2017年ソウルオリンピック公園 オリンピックホール アンコールコンサート(3万人動員)、2017年釜山KBSホールコンサート(6千人動員) など、大人数収容のコンサート会場もMAMAMOOの生歌唱・パフォーマンスを求めてチケットが即完売となる人気ぶりだ。

ライブでは、4人の奏でる美しいハーモニーに涙を流す人が続出しており、そのライブパフォーマンスの評判は韓国国内にとどまらず日本にも及んでいる。昨年開催された、5月のマイナビBLITZ赤坂、8月の堂島リバーフォーラム、10月の新木場STUDIO COASTは、全会場をSOLD OUTさせている。

そして今回、日本でのデビューと併せて、10月5日(金)のZeppなんば大阪を皮切りに、10月7日(日)品川プリンス ステラボール、10月9日(火)Zepp名古屋と全国3箇所に及ぶコンサートツアーの開催も決定。こちらもチケット争奪戦になること間違い無しだ。

今回の日本デビューにあたって、リーダーのソラは「日本でのデビューとても楽しみです。コンサートも予定しているので、皆さん是非私たちに会いに来てください。 さまざまな私たちの魅力をお見せできるよう一生懸命準備します!早く皆さんに会えるのを楽しみにしています! 」とコメント。今後の活動への意気込みを語った。

「Décalcomanie」

※韓国語楽曲

日本デビューシングル
MAMAMOO

2018年10日3日発売
「Décalcomanie –Japanese ver.-」
※商品詳細は追って発表。

MAMAMOO JAPANコンサートツアー(仮称)
10月5日(金)Zeppなんば大阪
10月7日(日)品川プリンス ステラボール
10月9日(火)Zepp名古屋
※コンサートツアー詳細は追って発表。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »