チャン・グンソク、今月16日の入隊を電撃発表と同時に”躁うつ病”を告白…日本のうなぎからは心配の声が殺到

俳優チャン・グンソクが16日に入所し、2年間社会服務要員として代替服務することを電撃発表した。

今月6日、チャン・グンソクの所属事務所は、「チャン・グンソクが、兵務庁身体検査で『双極性障害(躁うつ病)』として4級兵役判定を受け、7月16日に入所し、兵役の義務を履行する。これにより、社会服務要員として2年間代替服務する予定だ」と発表した。

所属事務所は、「チャン・グンソクは、2011年に大学病院で初めて『双極性障害』の診断を受けて以降、行われてきたすべての再身体検査で再検査対象の判定を受けてきた。この過程において、こちら側から入隊延期の要求はなく、兵務庁の再検査要求を誠実に履行してきた。そして最近、4級社会服務要員召集の対象となった」と説明した。

またチャン・グンソクも6日午後、公式ホームページにファンに向けて入隊に関するメッセージを発表した。

チャン・グンソクは「どこからかどうやって話すべきなのか、しばらくためらい悩んだりしていた。だけど何よりうなぎたち(※チャン・グンソクのファンたち)に真っ先に知らせて、あいさつをするのが正しいと思うので」としながら、「僕たち、すこしだけさよならしよう。いつかは僕にも与えられる時間で、ただ淡々と待っていた」と自身の気持ちを伝えた。

そして「今から僕に与えられる2年の時間を僕の人生において、何より意味のある時間として使いたい。幼いころにデビューし27年という時間、たったの一度も休んだことがなく、一度も自分の時間を完全に持ったこともないようで」と綴った。

最後にチャン・グンソクは「みなさん、体に気を付けて元気でいて。そして愛してる」とファンに入隊前の最後のメッセージを伝えた。

ニュース報道を見た日本のファンは、「グンちゃんが躁うつ病であることは知らなかった。衝撃を受けた」、「2年間、良い時間を送って戻ってきてください」、「チャン・グンソク、ファイティング!」など、応援メッセージを送った。




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »