【取材レポ】知英「新しい自分を見つけていくことが今の夢」稲葉友、原桂之介監督登壇!「私の人生なのに」完成上映会舞台挨拶

6月18日(月)新宿バルトにて7月14日(土)より全国公開が決定している映画「私の人生なのに」の完成上映会が行われ、主演の知英、そして稲葉友、原桂之介監督が登壇した。

オリンピック候補の新体操スター選手である金城瑞穂が脊髄梗塞で倒れ、下半身不随となり、絶望の中で数年ぶりに瑞穂の前に現れた幼なじみの柏原淳之介と再会することで、音楽とふれあい、それぞれが抱える葛藤や悩みを乗り越えながら人生が再び動き出していくという青春ストーリー。

大きな拍手で入場しひとことずつ挨拶へ。

知英「みなさんこんにちは、雨の中、沢山来ていただいてありがとうございます。今回映画の中で金城瑞穂を演じました知英です、よろしくお願いします。」

稲葉「足元が悪い中、足を運んでいただいて本当にありがとうございます。淳之介役を演じました稲葉友と申します。今日は短い時間ではありますが、いろんなお話が出来たらなと思いますのでよろしくお願いいたします。」

監督「脚本と監督をさせていただきました原と申します。今日は楽しんでお帰りいただければと思っております。よろしくお願いします。」

本作品では、知英は新体操や車いすにチャレンジし、また主題歌「涙の理由」も歌い、稲葉は、劇中で初めてギターの演奏を披露し、劇中歌2曲を山本加津彦さんとともに作曲、俳優として音楽担当として活躍しているということで
Q.最初にオファーを受けた時にどのように演じて音楽と向き合っていきたいと思われましたか?

知英「今回の映画で新体操から車いすを初めて乗って、しかも歌まで、本当にやることばっかりの作品だったのですが、その中で不安だったりプレッシャーもあったり、でもあらためて感じたのは、やっぱり歌って素晴らしいなって思いましたし、主題歌として歌わせていただいたのも本当に嬉しいですし、映画の主題歌は初めてなので、自分が演じて、しかも歌うってことは、今までと違う感じで役になって歌えた気がします。」

―ファンのみなさんも楽しみにしてるんじゃないかなと思います。
知英「ぜひ楽しんでほしいです」

稲葉「最初、ギターを弾くという話しをいただいていたので、これは練習しないとやばいなと思いつつ、作曲したっていうのを、そう言われればそうだったなって。曲も作りますとは聞いてなかったので、最後のエンドロールを見て、作曲のところにクレジットが入ってて、“やった!”って。俺もやったってことでいいんだ?言われたらメロディも作ってて、それは作曲だという感覚で、それは凄い新しい考えですね。上から2番目に名前が出てくるだけで嬉しいのに、途中に2曲もだよ」
知英「だってやってましたもん」
稲葉「そう、やってた、言われればそうだったなと思って、なんか、ありがとうございますって気持ちですね。そこに関しては」
―割と自然な感じで作曲にも参加されたのですか?
稲葉「そうですね、撮影が始まる前に作品に出ることが決まって、監督と音楽の山本さんと3人で、監督が書いた歌詞を見ながら、どうしようか、こうしようかという話しをしていく中で、持って帰ってちょっと弾いてみたり、監督にどうですかね?と言いながらやってたので、作ったぜという感じじゃなくてワタワタと。これを練習して撮影までにという感じだったので、本当に嬉しかったです。作曲っていうクレジットに名前を入れてもらえたことが。凄く感慨深い作品になったと思います。」
―まさに淳之介と重なってくるような感じですよね?
稲葉「作曲に関わって嬉しいのは、完全に稲葉です。申し訳ないです、すみません。(笑)でもすごく淳之介らしい曲になってるので、すごく世界に溶け込んでるというか、そこにしっかり立ち上がってるので、いい曲書けたなと思います。」(照れる稲葉)

Q.知英さんはあらためて山本さんとタッグを組みましたがいかがでしたか?

知英「今までずっとJYという歌手の名前で自分の曲も山本さんに手掛けていただいたんですけど、今回はまた映画に合わせてということで、山本さんとずっとデビューの頃から山本さんも私の事を知ってるからこの「涙の理由」という曲は、劇中の瑞穂とだけではなくて、自分の中でもまた勇気をもらえたというか、すごく今回の曲でもまた、あらたな感じがありました。」

Q.監督は今回脚本も書かれてますが、原作を元にしての脚本制作ということで、作詞も手掛けてらっしゃるということで、どんな思いを込めて作り込んでいきましたか?

監督「注意事項の中にネタバレしちゃいけないというのがあって…」(笑)
(もし、まずそうだったらこちらで止めます。ということで)
監督「原作をそのまま映画化しようとしたら連ドラくらい時間が掛かると思って、凝縮して映画としてどう見せるか?みたいなことを考えてました。淳之介の歌う歌詞を書かせていただいたのは淳之介のことを台本に書いたので、やっぱり何を歌ってるのか気になったので、自然に流れで書いちゃったっていう感じです、考えて書いたんですけど…。その歌を作るにあたって稲葉さんが作曲で山本さんと3人で話し合いながら作ったんです。」
知英「仲良しでしたね3人で」(笑)
―知英さんちょっと寂しかったですか?
知英「ちょっと寂しかったんです。男3人で“わー!いいじゃん!”みたいな。そこで私は遠くから…」
監督「見てないから、そんな感じではなかったです」
稲葉「その時は、初めましてぐらいでしたよね?山本さんと作った日は」
監督「そうです。山本さんコーヒーこぼして(笑)」
知英「監督のノートに。どうしたの?と聞いたら、いやーそれがいろいろ…て(笑)」
監督「そうです、歌で返してくださいって話して、見事に返してくれました。」
稲葉「思い出深すぎて、そのコーヒー付いた紙をいまだに持ってます。これ持って帰ろうって」

Q.知英さんと稲葉さんは幼なじみという役どころでしたが、割と最初から仲良くやれましたか?
知英「私、(インタビューで)よく聞かれました」
稲葉「僕も聞かれましたよ」
知英「稲葉さんとの共演どうでしたか?って。よかったでしょ?」
稲葉「よかったよ、そりゃ、めちゃめちゃよかったよ(笑)」
知英「幼なじみの感じが」
稲葉「あんまり役のこととかをお互い相談しなかったんですよね」
知英「そうなんですよ」
稲葉「たわいもない話をしてたよね」
知英「覚えてる?どんな話してました?私たち」
監督「2人がお芝居する前に何を話してたか分からない」
稲葉「現場でも知英は淳之介は“淳ちゃん”という愛称で呼ばれてたんですけど、現場スタッフさん含めてわりと淳ちゃんと言われてたので、今日敬語で喋りかけられてなんか、あれ?敬語だったっけ?って」(笑)

2ページ目に続きます!




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ:

1

2
ページ上部へ戻る
Translate »