【取材レポ】ルイ(CODE-V)、ワンチョル(Apeace)、ヨンソク(CROSS GENE)、ミンス登壇!「演技で感動を届けたい」ミュージカル「VOICE」制作発表会レポ

6月27日~7月7日まで浅草ゆめまち劇場にて上演される新作ミュージカル「VOICE」の製作発表会が6月25日(月)同劇場にて行われ、メインキャストのルイ(CODE-V)、ワンチョル(Apeace)、キム・ヨンソク(CROSS GENE)、ミンス、そして演出の中野智行(PaniCrew)が登壇し記者会見と劇中歌を披露しました。

この作品は、震災直後のとある劇場が舞台で、復興支援として劇場を再開するために動き出した劇場オーナーのボスと、そこに現れた記憶喪失の男ネイムを中心に、この二人をとりまく人々を交えた感動の物語。今だからこそ、ここから希望と勇気を伝えたいという思いが込められているという。

左から ボス役のルイ(CODE-V)、ワンチョル(Apeace)、ネイム役のミンス、ヨンソク(CROSS GENE)

まず、劇中歌「VOICE」を披露。ルイ、ワンチョル、ヨンソク、ミンス、中野智行氏が登壇し、フォトセッションではカメラマンの沢山の要望に応えてポーズし、会見スタート。

最初は自己紹介
中野:「VOICE」の原案と演出をさせていただいた中野智行です。よろしくお願いします。
ヨンソク:ネイム役の CROSS GENEの ヨンソクと申します。よろしくお願いします。
ミンス:今は俳優をやっていますミンスです。よろしくお願いします。ネイム役です(笑)
ワンチョル:今回「VOICE」の ボス役をやるワンチョルと申します。よろしくお願いします。
ルイ:「VOICE」でワンチョルと一緒の ボス役をやっている CODE-Vのルイと申します。よろしくお願いします。

Q.中野さん、この作品で伝えたいメッセージと見どころを教えてください。

中野:僕自身も芸能活動をしていて、もともとダンサーで、グループで活動していて、舞台や作品を作ったり、ライブを作ったりするので、板(舞台)に立つ人だけじゃなくて、いろんな人の支えがあって出来ます。今回の作品も、もちろん演出とか、僕がやってるんですけど(笑)照明、音響とか、そして演者さんがいて、制作さんがいて出来るという、そういう裏の中でエンターテイメントを支えてる人をフューチャー出来るような。僕自身も実際、東日本大震災の時、ここで本番をやっていて、お客さんを出してすぐに地震が来て、その時にちょっとテンパりながらみんなで安全に避難しようとやってたり。今回も僕の実家が大阪なのですぐに電話して、というのがあって、震災をテーマに一本勇気を与えられるような作品を作りたいなと思って今回、この作品に挑みました。

Q.それぞれ自分の役を演じる上で考えていること、意気込みを聞かせてください。

ルイ:今回の「VOICE」という作品は、僕の初めてのミュージカルの作品なので、最初に台本をもらった時から凄くいいなと思って参加しました。やっぱりいろんな役者さんたちと一緒に稽古しながら、凄く内容もいいし、面白いところも、感動的なところもあって、歌もダンスもしっかり見せれる作品だなと思って、稽古しながらもっと誇りを持てる作品になりました。ボスの役は大変な時期に劇団員を引っ張っていく役で、演じながらボスみたいになってきて、この人たちを引っ張っていきたいなという気持ちがどんどん出てきて、7月7日の最後の最後まで全力でやり続けたいなと思っています。

ワンチョル:僕はルイお兄さんが言った通り、「VOICE」の中で、ボスがチョルになって、チョルがボスになって、今は本当に自分がボスになった気持ちです。日本のキャストとやるのが今回初めてなんですけど、まだまだ足りない人間なので、凄く僕に気を使ってくれて、本当に嬉しいし、日本がもっと好きになりました。そして今回「VOICE」の舞台をみなさん、ぜひ楽しみに、後悔しない舞台になると思います。よろしくお願いします。

ミンス:今回作品をもらう前にいろいろ考えました。前に中野さんの作品「マイ・バケットイリスト」をやったんですけど、その作品で次の舞台もやろうって話になって、一旦韓国に帰ったんです。そしてマンガ系の舞台をやって、(中野さんが)ちょうど来てくださって、「ネイム役っていう役があるけど、ミンスやってみる?」と言われて、台本読んだんですよ。その時絶対やらないと後悔するなと思いました。僕が日本に来て、たぶん一年後に大地震があった時、日本のみなさんがすごく頑張る姿を見て僕はすごく感動したし、その感動をもらった分、僕はみなさんに演技で感動を届けたいなと思ってこの作品に入ったので、たぶん楽しいし、感動をもらうし、目が楽しい…ね!(ワンチョル「はい、耳も、心も…」)そういう作品だと思うのでみんな全員で一緒に作った作品をみなさんに見せたいので、ぜひ遊びに来てください。友達とか家族とか一緒に連れてきてください。(周りから「1人10人くらい~」と言う声)楽しみに観てに来てください。よろしくお願いします。

ヨンソク:僕も最初に台本をもらって読んだ時、心臓がドキドキしました。ネイムは魅力がある役だなと思って。韓国で音楽番組の活動をしながら少しずつ内容を読んで、セリフや曲の歌詞とか覚えて、僕は二日間でセリフを覚えました。本当に面白いし、感動もあるし、歌詞も本当にいい意味だし、本当にいい作品だと。またミンスさんと同じ役ですね「マイ・バケットリスト」も同じ役で…(ミンス「やだ~一緒にやりたいね」)そうですね。次は一緒にやろう。また中野さんと一緒に舞台をやって嬉しいし幸せな時間です。だから家族を一緒に連れて観たら本当にいい作品じゃないかと思います。だから僕は約束します!ぜひ観に来てください、みなさんよろしくお願いします。

ワンチョル:僕、実は、ネイム役をやりたかったんです。
ヨンソク・ミンス:僕もボスでした。
ワンチョル:ネイムがカッコ良すぎて、全部カッコイイなって。
ヨンソク:僕はもともとボスでしたが、僕は身長が小さくて…(笑)
中野:お互いが自分だけのセリフだけじゃなくて、ミンスとかは出てないナンバーの振付とかも覚えたり、ボスのセリフも全部覚えてたりとか、みんな本当に役を愛してくれてるんだなと思って感謝してます。
ワンチョル:(中野に)僕の誉め言葉はないですか?
中野:ワンチョルは一番の頑張り屋さんで何でも聞いてくるのがとても可愛くて「僕もっと出たいからもっと出番増やして」って(笑)。ルイは僕の中で、ボス中のボス。キャストがみんな慕ってるボス、もうボスにしか見えない。ヨンソクは…ないっすね(全員笑)

⇒2ページ目に続きます!




▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ:

1

2
ページ上部へ戻る
Translate »