イ・スンギ、話題の日韓合作超大型プロジェクト「PRODUCE48」のMCとして活躍!

イ・スンギが「PRODUCE48」のメインMCとして活躍する。

イ・スンギは歌手としての経験はもちろんのこと、安定した司会進行のスキルとユーモアのセンスなどで、韓国で人気を集める。
日韓合作の超大型プロジェクト「PRODUCE48」を導いていくに最適な人物としてイ・スンギは、製作陣からのMCオファーを受け、長い悩んだ末に出演を決めたという。

「プロデュース」シリーズとしては、シーズン1のチャン・グンソク、シーズン2のBoAに続き3代目のMCとなる。

イ・スンギは、国民プロデューサーを代表して、日韓両国の合計96人の練習生を率いて、国民プロデューサーが選択する日韓ガールグループ誕生の瞬間までを見届ける予定だ。

昨年11月に「2017 MAMA in Japan」を通じて、韓国と日本で初公開されたMnetの「PRODUCE48」は、日本のアイドルグループAKB48とMnetの代表的なアイドル選抜番組である「プロデュース101」のシステムを組み合わせた超大型プロジェクト。6月中に放送がスタートする予定で、既に今月11日に収録がスタートしている。

「PRODUCE48」では、トレーナーとして、FTISLAND(エフティアイランド)のイ・ホンギ、SISTAR(シスター)出身のソユがボーカルトレーナーを、ラッパーのCheetah(チータ)がラップトレーナーを行うことが明らかになっており、放送開始前から大きな話題を集めている。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »